【第10回】歯列矯正最終セット!マウスピース生活1年4ヶ月!歯は整った?綺麗になった?

インビザラインに切り替えてあっという間に最終セットのマウスピースまできました!
これで終わり!そうなるはずが…何でだ!?

目次

 

マウスピースで歯列矯正最終回!歯並びはどう変わった?

2021年10月に始めたマウスピース矯正が、とうとう終わりを迎えました!…と言いたいところでしたが、終わっていません。受け取ったマウスピースの最終セットを見て、綺麗に整った歯列だったので「これで終わるんだ!」と幻想を抱いていたようです…
本当に残念無念…

2023年3月の診察をもって、キレイライン矯正からインビザラインを経たマウスピース矯正の全工程が完了し、歯並びが綺麗に整う日を迎えました!と言いたいところだったんですが、なんとも途中から調子が良くなくてですね…

実は、インビザラインの15セットあたりになった頃で、どうにも歯の動きが悪いんじゃないのか?と思うセットになりました。
これまでは、次のマウスピースに付け替えた瞬間は歯にグッと力がかかるのがわかるんですが、15セット目くらいの時になんだか緩いなと感じたんです。

一番の異変は、歯の歪みが一番大きい上前歯の真ん中から二番目の歯。その歯にマウスピース全体が当たっていないんです。マウスピースを奥までしっかり装着しても、その歯だけ2mmくらいマウスピースの先端に空間ができちゃっていました。

キレイラインの注意事項では、マウスピースが歯茎まできちんと触れていることで矯正効果があるという話でした。インビザラインも違うメーカーとはいえ、やっていることは同じなのでマウスピースが歯全体に被さっていない状態は異常だろうと思って、すぐに通院している歯科医院に連絡しました。

状態を伝えると、「今は拡大期だから大丈夫」と言われました。歯を広げて、歪んだ歯が入る隙間を作っているのだと。
ほほ〜う!そうなのか!と思って、しばし様子を見ることにしてみました。
でもね…やっぱりおかしいって!

最終セットに近づくにつれて、マウスピースは歯全体を覆い被さるようになるんだろうなと思っていたんですが、やっぱり歪みが大きい歯だけ放置されているかのような状態…
微々たる矯正の力はあるような感じはするんですが、今までよりも弱いのは確実でした。だって、新しいマウスピースに付け替えても、何の変化もないんですもの。

これは異常だろうと思って、最終セットの段階まで待って再び歯科医院に連絡しました。
私の希望は、やっぱり今のマウスピースでは歯の状態に合っていないから、作り直してほしい。できれば、診察予約を早めたいの2点です。

でも、歯科医院からは「そのままで大丈夫だと思う」との回答が…
一応押し切ったら診察の前倒しはOKが出たんですが、空いている時間で都合が合う日がなくて、結局予定通りの診察となってしまいました。

マウスピースを作り直すには、現在の歯列を撮影して、データをアメリカに送ってマウスピースを作って送ってもらうという、結構面倒な待ち時間があるんです。
できれば早く歯列矯正を終わらせたいので、さっさと作り直しに行きたかったんですが、都合が合わず残念。

とりあえず、ここに至るまでの歯並びの経過をご紹介します。
下の写真は、上が歯列矯正を始めた当初の歯型です。この時はキレイライン矯正というマウスピース矯正から始めました。
左は開始直後の歯型で、上下ともに前歯が歪んでいるのがわかると思います。

キレイライン矯正の歯形の変化

上の歯は前歯の右側が捻れていて、下の歯は前歯の2本が捻れています。上の歯は乳歯が抜け切る前に永久歯が生えてきてしまって、最初から捻れてしまいました。昭和の時代だったので、そこで歯列矯正をするという流れはなく、歯に問題がなければそのまま放置というのが一般的でしたね。特に田舎では。

下の歯は大人になるにつれて徐々に捻れが起きていて、なぜ?とずっと疑問だったんです。歯医者さんで原因を調べてもらうことはありませんでしたが、おそらくは親知らずが生えてきたために押し出されたんだろうと思われます。

上の写真の右側は、キレイライン矯正の7セット目の時点の歯型です。
下の歯は、歯型で見るとだいぶ並び方が整ってきていますが、実際の歯を見る限りではまだ捻れているのがわかる程度の矯正でした。

それでも、たった7セットでここまで歯並びが綺麗に整ったのが嬉しくて!
ある程度綺麗になればいいかな。と思っていたのが、できればちゃんと綺麗に整うまでやりたい!と思えるようになりました!

そこで、矯正力の強いインビザラインに切り替えて、27セットのマウスピースを追加する形になりました。キレイライン矯正と合わせると、合計で41セットのマウスピースを使ったことになります。
キレイラインの1セットは、ソフト・ハードに分かれているので、「キレイライン7セット×2+インビザライン27セット」という計算です。

最終的に、下の写真通りの歯並びへと落ち着き、口を開けると綺麗に整った歯が並んでいる状態になりました!歯並びだけみれば、モデルさんのようです!

インビザライン最終セット27セット目のマウスピース
上記は未使用の状態で撮影しています

下の歯の捻れは、上の歯ほどではなかったので、22セット目暗いから矯正という感じではなくなりました。マウスピースをはめているだけという感じです。

今回、私がお世話になったのは千葉県千葉市にある【東京プラス歯科矯正歯科ちば】というところで、歯科矯正を専門に取り扱う歯医者さんです。
最初は、比較的安いマウスピース矯正のキレイライン矯正ができるというだけで来院しましたが、歯科医師の方も歯科助手の方や受付の方も優しい方ばかりで、素人の質問にも丁寧に答えてくださりました。

初めての歯列矯正で怖い話ばかり聞くので、気になることは行く度に質問して解消してきましたが、その都度、嫌な顔をすることなく答えていただけたのはありがたかったです!

 

マウスピース矯正の苦労TOP3!

マウスピース矯正をやっていて、辛かった!苦労した!というTOP3を選抜しました。
これから歯列矯正をやってみようという方は、こんな苦労が待ち構えているんだと思えば、覚悟もしやすいし、準備もしやすいかな?

私が感じたマウスピース矯正での苦労TOP3!

  1. 外食が難しい!特に食べ歩きができない!
  2. 食べ物が歯に詰まりやすい!
  3. 噛み合わせがズレて物が食べにくい!

1位:外食が難しい!食べ歩きができない!

堂々の第1位は、外食や食べ歩きの難しさです。
マウスピース矯正では、装着時間が長いほど効果が期待できます。正しい装着時間は22〜23時間。これはキレイライン矯正もインビザラインも同じでした。
しかし、寝ている時間は平気だとしても、一日の食事時間が1〜2時間で収まらない時って、よく考えると結構あるんですよね。

それが外食でした。
ちょっと良いレストランでコース料理を食べようとすると、平気で2時間を超えます。食事でそんなに時間かかるかな?と思う人は、誰かと一緒に食事している時間を測ってみてください。想像するよりも長いですよ。

マウスピース矯正では、1時間以上マウスピースを外す場合には、途中で5分でも良いから装着する時間を設けてくださいと説明があります。
…できます?ちゃんとしたレストランや立食パーティー、結婚式なんかで、マウスピースを装着するためだけに5分離席するって、本当に難しい!

一番面倒だと感じたのは、食事の前にマウスピースを外すことなんですが、わざわざトイレに行くのが本当に面倒で仕方ありませんでした!
席に案内されたのに、料理が運ばれた直後にトイレに行くって、なんか嫌じゃないですか。マナーが悪いイメージしかなくて…
でも、マウスピース矯正的には装着時間をできるだけ長くしておきたいので、料理が提供された直後にマウスピースを外し、食べ終わったらすぐに付けたいんですよ!

外食ではそれができない・難しいから、困りました。
食べ歩きなんて、どこでマウスピースを外せば良いのやら…
街中の食べ歩きだと、近くにトイレがないことが普通なので、食べようとする場合には一緒にいる人の影に隠れさせてもらったり、壁や路地の隙間でささっとマウスピースを外して食べてました。
そういう時に限って、壁になってくれている夫がちょいちょい動くんですよ。
私(;>△<)「夫!動かないで!見えちゃうから!」
夫( ´・ω・)「ごめんごめん」

2位:食べ物が歯に詰まりやすい!

第2位は、食べ物が歯に詰まりやすいことです。
どこに詰まるかというと、今まさにズラそうとしている歯と歯の間なんですよ。そこに詰まっちゃったら、歯を動かせなくなっちゃうでしょう!って隙間に、食べ物の残骸がよく入り込みました。

私は、上下左右に親知らずが生えていたので、歯と歯の隙間がほとんどなかったんです。糸ようじやフロスも入らないくらい、ギッチギチに歯が生えていました。
それが歯列矯正で歯に適度な隙間が生まれ、また歯並びがズレていく途中経過なため、より隙間ができやすく、今まででは信じられないくらい食べ物が詰まりました。

親知らずを抜いた直後で言えば、親知らずが生えていた部分が穴になっているんですが、そこに食べ物が詰まった時には、なかなか取れなくて困った覚えがあります。
うがいをしてもダメ。歯ブラシではかき出せない。最終手段の指でも引っかからない。試行錯誤しているうちに、どうにか取れましたが、あの時はどうしようかと思いました。

3位:噛み合わせがズレて物が食べにくい!

第3位は、噛み合わせのズレです。
今まで歯並びが悪いとしても、それで不自由なく生きていたので、噛み合わせがどうこうと考えたこともありませんでしたが、いざズレると違和感がすごいです!

どこで物を噛んだら良いの?
咀嚼するには、どこで噛めば良いの?
歯と歯が変に当たって、噛めない!
こんな違和感を覚える毎日で、それも進捗が進むたびに食べやすい部分が変わるので、矯正中は食べること、主に噛み砕くことが面倒になりました。

元々早食いだったので、噛む回数が少なかったこともあり、それに噛み合わせのズレも合わさって、ほぼ噛まずに丸飲みしていた時もありました。
まぁ、健康には良くないんですが、お腹も丈夫だし、多少咀嚼できないくらいで壊れる体でもなかったのが良かったです。

 

一番変わったことは?

マウスピース矯正をやって、一番変わったことと言えば!やっぱりフェイスラインでしょう!
顔の形というか、顎のラインがスッキリして、ひと回り小さくなった感じがします。これは個人的な感想だけでなく、夫という第三者から見ても変化が見てわかるほどだったのは、本当に嬉しいです!

要因として考えられるのは、マウスピース矯正そのもので歯並びが良くなったこと、あとはその過程で親知らずを上下左右の4本抜いたことで、顎のラインが変わっただろうことです。

親知らずを抜歯する必要があるかどうかは、その人の歯並びの状態によります。親知らずは、他の歯に異常を与えるものでなければ、特に抜く必要はないと考えるのが日本の歯科なので、私も歯列矯正をするまでは抜歯すら考えていませんでした。歯医者に行っても指摘されることもありませんでした。

けれど、歯を動かすスペースがないなどの理由から、親知らずを抜かないと歯列矯正できない場合には、親知らずを抜いて歯列矯正を始めることになります。
私の場合は、最初は前歯だけの矯正を目的にキレイライン矯正を選んだので、親知らずの抜歯は必要ではありませんでした。その後インビザラインに変更したことで、奥歯を含めた矯正となり、親知らずを抜くことになったんです。

自分の顔を見て、ニヤニヤ笑える日が来るとは!
こんな嬉しい変化が感じられるなんて!人生って素晴らしい!

 

痛みに関して私の感想

よくある苦労話で、知覚過敏・口内炎・虫歯・痛みなどがよくありますが、運良くほとんど当たりませんでした。口内炎には1〜2回くらいなりかけましたが、ほとんど未遂の状態で回復しています。虫歯や知覚過敏には全くなりませんでした。
痛みに関して言えば、マウスピースのみならず、ワイヤー矯正でも痛みは伴うケースが多いようで、歯の痛みからくる頭痛に悩まされる方もいるようですね。

そういう私も、全くの無痛だったかというとそうではありませんでした。
マウスピース矯正を始めてまだ3日目までは、歯が動くことによる圧迫を感じて、その違和感が気になって仕方がありませんでした。
痛いとはっきり感じるほどではないんですが、圧迫される違和感がじわじわ続くので、だんだんと不快感が強まり、やがては痛みを感じるようになっていきました。

私が強い痛みを特に感じたのは、二つの時期です。
一つは4セット目のマウスピースを付けていた頃で、その時は装着時ではなく外す時に強い痛みを感じました。どうしようもないくらいの激痛ではなかったものの、我慢してマウスピースを外さなければならない強さの痛みだったので、この時はマウスピースを外すのがちょっと嫌でしたね。

もう一つは、確かマウスピース矯正を始めて1〜3セット目のどこかだったと思うのですが、起きていられないほどの激しい頭痛とだるさを感じました。
元々頭痛持ちだったので、いつもの頭痛も重なっていた可能性もあるため、マウスピース矯正だけが問題かはわかりません。

ただ、耐えるという選択肢だけでは如何ともしがたい痛みだったので、市販の頭痛薬を飲んで痛みを鎮静化することにしました。
いつもと違うのは、なんだか頭痛薬の効きが悪いんですよね…
これがマウスピース矯正のせいなのか、いつもの頭痛が激しいだけなのかわからず、悶々としていましたが、激しい痛み(頭痛)を感じたのは、この時だけでした。

マウスピース矯正全体を通して、痛みはほぼなかったと言えます。特に最後の方のセットになってからは、新しいマウスピースに付け替えても痛みや圧迫感はなく、辛さや違和感もほぼ感じていませんでした。

 

マウスピース矯正やってみて良かった?悪かった?

歯列矯正を考えた当初は、昔ながらのワイヤー矯正と新しいマウスピース矯正で散々悩んでいました。
ワイヤー矯正は歯科医師の技術に左右され、こまめな診察も必要になりますが、自分で何かする必要が一切ないので歯科医師任せにできる楽さがあります。しかし、見た目にはっきりとワイヤーが見えるので、気になりやすいし、人前に出るのが一時的に嫌になる可能性がありました。

マウスピース矯正は自分でマウスピースを脱着するので、装着時間を自分で選べる自由度はありますが、あまりに外している時間が長いと計画通りに矯正が進みません。
もちろん進捗の遅い患者に合わせることは可能ですが、そうすると矯正する期間が長引くだけで自分にとってデメリットが増えてしまいます。

どちらの矯正が良かったのか、結果的にマウスピース矯正で歯並びを治すことに決めましたが、今でもどちらが良いかは状況によるんだろうなと思っています。
人によって、マウスピースの矯正力は疑わしいと思う人もいるし、比較的新しい技術であるのは確かです。ワイヤー矯正は昔ながらの方法ですが、昔からある技術だからこそ失敗の少ない方法だとも言えるでしょう。
どちらにせよ、歯科医師の技量によって仕上がりは変わるということだけは確かだと思ってます。

とりあえず、私はマウスピース矯正をやって良かったと感じています。
結局、キレイライン矯正7セット分だけの料金では収まりませんでしたが、インビザラインにうまく切り替えができたことで追加出費が無駄にならずに済みました。

 

これまでの経過をまとめて紹介!

2021年10月
キレイライン矯正スタート。
1〜3日目でマウスピース矯正の洗礼(鈍痛・違和感・不快感)を受ける。

2021年11月
歯を動かす隙間を作るため、IPR施術を行う。
これにより下の前歯3本を若干削ったが、見た目にはほとんどわからない。

2021年12月
キレイライン矯正2セット目のソフトタイプで、本格的に歯が動く感触を実感する。
痛みはほぼ感じない。

2022年3月
キレイライン矯正4セット目のソフトタイプを外す際に、強い痛みを感じる。
マウスピースを外そうとする時限定で、数日間はその状態が続く。

2022年5月
キレイライン矯正7セット分の契約が終了。
歯列矯正を続けるため、インビザラインへと切り替え。

2022年10月
インビザラインのマウスピースの固定力を強めるため、歯の表面に引っかかりを作る。
インビザライン5セット目から、マウスピースがより硬いものとなる。

2023年2月
インビザラインの最終セットを迎える。
最終セットは2月末だったので、終了後最初の診察は2023年3月。

2023年3月
インビザラインを終えた最初の診察。
歯並びは計画通りにならず、上の前歯の左隣が歪んだまま+下方向に隙間がある状態のままとなる。
インビザラインでマウスピースを作り直し(?作り直してるわけじゃないけれど、料金はかかりませんでした)、新しいマウスピースの到着を待つ。到着予定は2023年4、5月頃。

これまでの歯列矯正の出来事や診察の様子、感じた疑問やメリット・デメリットなど、過去の記事で詳しく書いています。
ぜひ参考にしてみてください(*´ω`)

インビザラインの前回の記事はこちらから↓
【第7回】インビザライン始めました!歯列矯正のその後!キレイラインからの変更へ!
【第8回】インビザライン2回目の診察と5セット目の取り付け!まさかの施術付き!
【第9回】インビザラインで歯列矯正!治療経過・装着時のメリット・デメリットをご紹介!

キレイライン矯正の記事はこちらから↓
初回診察:【キレイライン矯正の初回診察を受けてきた!マウスピース矯正の診察内容は?
第1回目:【キレイライン矯正で歯列矯正やってみた!初めてのマウスピースの感触は?痛み・違和感・付け外しなどレビュー!
第2回目:【キレイライン矯正を装着した最初の一週間で感じた事、困った事
第3回目:【キレイライン矯正!初ハードタイプのマウスピースへ!2~4セット分の発注と歯を削るIPR!
第4回目:【2セット目のソフトへ移行!キレイライン矯正で本格的な歯列矯正が始まった!
第5回目:【キレイライン矯正4セット目マウスピース装着した4ヶ月目の現状と今後の流れ
第6回目:【キレイライン矯正最終セット!7セット目が終わった歯列はどうなった?

この記事の続きはこちら↓
第11回マウスピースで歯列矯正!最終セットとなるか?!インビザラインの再診察!ゴム掛け治療開始!
【第12回】歯が動かない?!マウスピースから取り残されてしまった歯の行方!
【第13回】マウスピース矯正の最終日となるか?!全41セットのインビザラインが終わらなかった日…
【【第14回】マウスピース矯正最終段階!残りのセット数はいくつだ?また前歯だけ置き去り?】
【第15回】インビザライン延長線?!取り残された前歯の行方は?クリニック閉院のお知らせ?
【第16回】インビザラインが終わらない…!まさかの危機に歯列矯正どうなる?
【第17回】ゴム掛け直し1ヶ月後の様子は?民事再生中のクリニックでインビザラインは完了するのか?
【第18回】新しいマウスピース到着!待っている間の歯列の変化に驚き!

2024年5月10日更新!ついに…インビザラインが終わるときがっ!
【第19回】歯列矯正完了の喜び!かかった時間と金額は大公開!

2024年5月28日更新!
歯列矯正の最終回記事をUPしました!
【第20回】マウスピース矯正最終回!今後一生を共にする「リテーナー」使用方法と注意点!

おすすめ