キャンプでコットは使った方が良い!ドッペルギャンガーのWIDE CAMPING BEDの寝心地チェック!

キャンプで大事な物とは!
解:『快適な睡眠』です!

 

目次

 

 

寝台=コット

夫がうさぎのマークのドッペルギャンガーのコットを買いました。
可愛いロゴですが、実力はかなりのもの?らしいです(`・ω・)

DOPPELGANGER OUTDOOR「WIDE CAMPING BED CB1-99」

キャンプ用の寝台になるもののようです。
これがあるだけで寝心地が全く違う!という優れもの( ゚ ロ゚)!

寝台というからには大きな物を想像していたのですが、届いてみれば割と小ぶりサイズ。
畳で半畳分くらいの長さでした。
肩掛けにできそうな紐が付いていて、楽に持ち運べそうなデザインです(  ゚ ロ゚)ほぉー
収納時は、長さ80センチ×幅20センチの小ぶりっぷり。
軟弱な私でも持てる重さ4キロ程。

さて、今回もやってきましたタイムアタック!開封後、練習もなくいきなりのタイムアタックに
一体何分かかるのか?!
5分くらいで出来ました(*´ω`)簡単なんですねぇ~

ハンモックみたいにゆったりと布地が垂れているのではなく、
ぴんと張った状態です。
破けない?(;´ω`)
体重制限。。。あるのかな。。。大丈夫かな。。。

大丈夫でした!寝転がっても全く問題ありません!
耐荷重100キロあるそうです!(; ゚ ロ゚)それだけあれば十分だー!

 

 

寝心地は?

夫にお願いして寝かせてもらいました。
ぱんっと張ってるから沈み込みにくく、しっかりと体が支えられている感がありました。
おや?右脇に小さな網が?
携帯など小物を入れておけるポケットだそうです。気が利いていますねぇ~
寝転がるにはスペースが狭いが、寝ているには十分な一人分でした。
でも、寝ているとドキドキする(;´ω`)や、破けない?大丈夫?
私の体重で落ちたらイヤだよ?

さすがに壊れませんでした(*´ω`)
両端にある軸が邪魔になるかと思いましたが、それほど意識することもなく横になれました。男性が使っても体全体が乗るので、寝返りをうっても平気そうです。

 

 

コットとは?

寝袋だけで寝ても十分なのですが、それでは地面の硬さや冷気をダイレクトに受けてしまいます。さすがに日が暮れて放射冷却が始まれば、地面付近の気温はどんどん下がりますからね。夏でも寝袋だけでは寒い時もあると思います。

コットはそんな不快さを快適に変えてくれます。
地面から距離を取るから冷気や地面の硬さとはさようなら!
コットの生地は通気性の良いテスリンメッシュを使用しているので、汗で蒸れる心配はなさそうです。
幅も成人男性が使用するには十分は77cm!寝返りだってうてちゃいます。

注意点は、コットの両脇にある軸に乗らないことです。
ひっくり返る危険性があるので、片方に寄らないように!

 

 

まとめ

夫的にはこのコット快適だそうです。買って良かったね(*´ω`)
次のキャンプには是非これを使って寝てみるそうですが、キャンプの荷物がどんどん増えて重くなっているのが気になります。そんなに色々買って、荷物大丈夫かい?キャンプってのは大変だね。

あわせて読みたい