多趣味おもちゃ箱 > キャンプ > ダッチオーブンでパエリア作り!

ダッチオーブンでパエリア作り!

こんにちは(*´ω`)
久しぶりにダッチオーブン料理に興味が湧きました!
食欲の秋ですものね!

UNIFLAMEダッチオーブンでパエリア!

キャンプに行ったら普段作らない料理を作ってみたくなりません?私はそんなタイプです。
今回いいな~と思ったのは『パエリア』!
スペイン東部バレンシア地方発祥のレシピです。お米を使っているのに、日本の炊き込みご飯とはまったく違った調理法なのが面白いですよね。
専用の薄いフライパンみたいなパエジェーラと呼ぶパエリア専用鍋を使って作ることが基本ですが、もちろんそこはダッチオーブンで!でもこのパエジェーラで作るのも面白そうですね!

黄色のサフランライスに彩りに赤いパプリカ!出汁香るエビ!じんわり出汁を吸ったジューシーな鶏肉!
ほんのり食感強めのご飯がぱらぱらで美味しいんですよ。黄色いご飯!という所も魅力のひとつですよね。なぜか美味しそうに見えて仕方がない!
想像するとお腹が鳴きます。

パエリアの材料

  • S&Bパエリアの素
  • 鶏肉
  • シーフードミックス
  • 赤パプリカ

ダッチオーブンだからって、手が込んでなきゃいけないことはないですよね!ここは簡単お手軽な『素』使っていきましょう!
素を使うから、こんなに材料がシンプル(*´ω`)
他にタマネギなどの野菜類などを入れても美味しそうです。

パエリアの作り方

1.シーフードミックスは冷凍なので、先に解凍して水気を切ります。

2.赤パプリカと鶏肉をひと口大に切ります。

3.パエリアの素をお湯で溶かします。

4.ダッチオーブンに油を入れて熱し、鶏肉・シーフードミックス・赤パプリカ・米を加えて炒めます。米が透き通ってくるくらいまで炒めます。

5.お湯に溶かしたパエリアの素を加え、全体を軽く混ぜます。

6.強火にして沸騰させます。
沸騰したら蓋をして、中火で水気が無くなるまで15~20分ほど火にかけます。
水気がほとんどなくなったら蓋を外し、強火に戻して20秒~1分ほど火にかけて水気を飛ばします。この行程で底に美味しいおこげが出きます。
完成です。

よくある失敗例

  • 米がべちゃっとする
    日本ではお米は研いで使うのですが、パエリアは生の米を研がずに使います。研ぐと水分を吸ってしまい、調理する時に既に余分な水分が含まれた米になってしまうからです。
    あとは日本の米はもっちりした食感が特徴なので、海外の細長い米を使うことでべちゃっとなりにくくなります。

 

  • ご飯が固い
    米を炒める時に一粒一粒を油でコーティングさせると、もそっとした食感がやわらぎます。
    そもそもパエリアはパスタで言うアルデンテ=芯がちょっと残るくらいの食感を楽しむ料理です。食べ慣れない為にあまり美味しくないと感じるようなら、最後に蓋をして蒸らす時間を作ると柔らかめの仕上がりに近付きます。

 

  • おこげが本当にただの黒コゲ
    煮込む際の火が強すぎる、もしくは焚火で安定しない火力が原因です。
    水分が無くなる頃に火加減を注意して見守ると良いと思います。おこげが出来始めると香ばしい香りが立つのでわかりやすいです。
    もしくは焚火ではなくカセットコンロなど使って、調理に慣れるまでは火は文明の利器を使うと上手くいきます。

 

  • 見た目がなんか。。。
    私が調べた簡単レシピだと、見た目をまったく気にしていません!美味しく食べられればOKと考えています!
    ただそれだと盛り上がらない。。。と言う場合には、彩りに使える食材を最後に乗せると見栄えが良くなります。
    面倒ですが、彩り食材は米より先に炒めて一旦取り出しておきます。米を炒め終わり、パエリアの素を溶かしたお湯を入れた後に綺麗に乗せると見栄えは段違いに良くなります!

あわせて読みたい