3か月目を迎えたレーシック、ICLの術後変化は?

bool(true)
レーシック、ICL手術から3か月が経過した目の状態や視力、不都合や不具合など、視力回復手術後の様子を詳しくご紹介します。

2020年7月に夫がレーシック手術を受け、翌8月に私がICL手術を受けました。それから早3か月が経過しています。それぞれの術後の経過と、夫の3か月検査の様子をご紹介します。

手術や翌日の様子はこちらのリンクからどうぞ。
手術前検査の様子→【1日レーシック体験談!検査って無料?
レーシック手術の全容→【夫のレーシック手術体験談~翌日の様子
ICL手術の全容→【ICL手術体験談
手術の翌日~1週間→【ICL手術直後の様子】【ICL手術翌日~1週間まで

目次

 

夫のレーシック術後3か月検査

3か月検査では、以前と同じく視力検査と気球の見える機械での角膜の屈折度の検査、そして担当医師による診察にプラスして、角膜の写真を撮ったようです。3か月目の検査では、検査次項がひとつ増えるようですね。

眼科医による診察では、最初に担当してもらった先生がずっと担当します。その為、予約日は担当医師がいる日に限定されるので、決まった曜日になることが多いかもしれません。

 

視力や見え方の変化は?

3か月を迎えた夫と私の視力は、術後と変わらず異状なく物が見えています。夫は両目1.5。私はまだ次の検査をしていないので感覚ですが、1.5~2.0は維持できていると思います。
見え方に変化はありません。裸眼の状態で遠くまでよく見える状態が保たれています。

3か月より以前の写真を見ていると、メガネをかけている自分の顔に違和感を覚えるようになりました。手術直後や1週間くらいの間は、メガネをかけていない自分の顔や夫の顔が、なんだか違和感があって不思議だな~と思っていたのですが、すぐにメガネが無い状態に慣れて行くものですね。
今ではメガネをかけた自分の写真を見ると、「こんな時代もあったな~」と感じています(*´ω`)

 

不都合や不具合は出た?

レーシックやICLの口コミでよく聞くハロやグレアなどの症状が出ることもなく、視界良好な状態を保てています。

手術前よりも目に水や汗、異物が入らないように気を付けるようにはなりました。衛生面は感染症予防の観点からも、常に気を付けています。といっても、特別何かをするわけではなく、目を擦ったり、眼球を触ったりしないように気を付けているくらいです。

 

次の検査予約について

品川近視クリニックの公式ホームページ、そして術前説明時には、定期的な検査は6回。手術の翌日、1週間後、1か月後、3か月後、半年後、1年後とあります。これらの検査は費用が手術代に含まれているので、無料で行うことができます。

しかし、夫は1週間検査の時に担当医師から「次は3か月後でいい」と言われ、1か月検査を省きました。
術後の状態が良かったから?
異常が見られなければ、無料検査に来る患者数を減らしたいから?
色々邪推してしまいましたが、結果的に夫の目に異常は無く、3か月検査を受けることになりました。

という私も、1か月検査を異常なしでクリアしたところ、「次の検査は半年後のでいい」と担当医師から言われており、いいのかな~とやや不安を感じてはいます。
術後の定期検査というのは、普段とおりの生活に戻ったことで目に異常が起きていないかを検査する為のものだと思っていたので、果たして検査回数を減らすことで安全なのかな~と。。。

おすすめ