多趣味おもちゃ箱 > 登山 > 富士山であって良かったアイテム BLUEFIELD 登山ゲイター ロングタイプ

富士山であって良かったアイテム BLUEFIELD 登山ゲイター ロングタイプ

こんにちは(*´ω`)
富士山に登ったのが夢のようです。
でも筋肉痛は夢になりません。痛いです。

 

ロングタイプのゲイター

ゲイターと言うのは、膝下~足首までを覆う登山用レッグカバーの事です。
足首周辺だけを覆うショートタイプもあります。雪・泥・砂などを弾くので、靴に侵入されることがありません。また、防水・撥水加工されている商品であればズボンが水浸しになりにくくなり、登山の負担を軽減してくれます(*´ω`)

今回、富士登山ではBLUE FIELDのロングタイプゲイターを使用しました。
実は夫が勝手に購入していました(;´ω`)また事後報告で買っちゃって。。。と思っていたのですが、使ってみると、あって良かったと思える一品。
富士山はどのルートでも砂礫が舞いやすいです。御殿場、須走ルートは特にだと思います。今回の富士山で登った富士宮ルートでも、下山した時にはゲイターの下半分が砂で汚れていました。靴を脱いだら、数粒の砂が出てきました。
もしゲイターを履いていなかったら、靴の中は砂まみれだったでしょうね(;´ω`)

履きやすい造り

登山靴は、基本的に脱げないように足にフィットさせる造りになっています。紐でぎゅっと縛り上げるので、基本的に脱ぎにくいです。なので、靴を履いた後に着用するものがあると、面倒に思います。
けれど、このゲイターは靴を履いた状態でも楽に着用できる仕様になっています(*´ω`)便利は神。
前面部分がマジックテープになっているので、完全に開きます。
男女兼用なので共用もOK。

実際に履いてみた感じは、夫はぴったり(*´ω`)
私は若干大きめ(・ω・`)
生地が撥水性のパリっとした生地なのでずり落ちるわけではないのですが、何だかしっくりはこない感じを受けました。上部にはゴム紐が付いているので、しっかり締め上げてずり落ち防止もできるのですが、最大限まで締めても締まった感じがありませんでした。
あまり圧迫しすぎてもいけないし、ズボンとの摩擦でずり落ちることはない状態です。
ただ何となく、しっくりこない。。。(・ω・`)初めてだし、こんなものかな。
着用時はそう思っていました。しかし、歩いているとゲイターの存在はまるで忘れ去ってしまいます(  ゚ ロ゚)そういえば履いていた!と思うほど。
重量250gですが、重さはほとんど感じません。
靴底には調節ベルト、前部には靴紐に引っ掛けるフックがあるので、靴へ固定することができる仕様です。
生地も丈夫なので、若干の怪我防止にもなりそうです。

結果、あって良かった(*´ω`)

お手入れ

やっぱりもの凄く汚れます。けれどお手入れは水で流しただけで、ほぼ元の状態になりました(*´ω`)楽ちん

無くてもいいと思っていましたが、これはあった方が本当に良いですね(`・ω・)
靴に砂や石が入った違和感は、回数が多くなると気持ちの上でかなりの負担になります。その度に靴を脱いで砂や石を取り出していては、時間もかかりますし、面倒なことこの上ありません。
登山は事前準備でどれだけ楽をできるかが大事だと、初富士登山で思いました。登り始めて後悔するより、準備をしっかり整えて行くことが大事ですね。

あわせて読みたい