SHIMANO ロードバイク用ジャージ

こんにちは(*´ω`)
夏真っ盛りで連日の猛暑が続いています。
体、壊さないように運動は適度を心掛けましょう。

ロードバイク専用ジャージ

ロードバイクに乗る時、困ったことありませんか?
(・ω・`)小物をポケットに入れたら落ちてしまった!
(・ω・`)短時間でも乗っているとお尻が痛い!
そんな困ったに素敵な解決策です(*´ω`)

サイクルジャージと呼ばれるロードバイク専用のジャージ上下があります。
春夏用、秋冬用、更に寒い時には重ね着できるウインドブレーカーもあって、四季折々いつ着用しても快適なロードバイクライフを楽しめる性能がそれぞれにあります。
今回は夫が着ているSHIMANOに限らず、サイクルジャージ全体でご説明します(*´ω`)
夫が購入したサイクルジャージは古いタイプなのでもうネット上では見つかりませんでした(・ω・`)なので近いタイプを貼っています。

 

春夏専用機能

春夏用ジャージは主に半袖短パンです。短パンと言っても膝上くらいの長さがあります。
上下ともに薄手の生地で作られています。
脇の下や脇腹部分など、熱が篭りやすい箇所はメッシュ生地になっているジャージもあります。メッシュを侮る事なかれ(`・ω・)これが結構涼しいんです。通気性が良くなるだけで、だいぶ体感温度に違いが出るのがわかると思います。
肌を出すのが嫌いな方にはインナーを着たり、アーム・レッグカバーを着けたり、足首・手首まである長いジャージもあるようです。
女性向けかもしれませんが、UVカット機能付きなんて言う品もあります。

秋冬専用機能

秋冬はやはり寒さ対策ですね。しっかりした厚手の生地で作られ、もちろん上下とも足首、手首まである長袖です。
冷たい雨の日でも走れるようにでしょうか、高い撥水性があるものが多いです。
裏地にはフリース素材であったり、起毛素材であったり触ってすぐに温かみのある生地であることが多いですね。高品質高価格の物になると、マイナス○度でも大丈夫!なんて言う品もあるようです。

春夏秋冬共通機能

上下とも、しっかりした伸縮素材で吸湿速乾性です。
下ジャージにはお尻部分に分厚いクッションが付いています!これがあるとだいぶ痛みが緩和されます(*´ω`)無くなりはしませんけれどね。
上のジャージには背中に3つのポケットが付いています。それぞれ深めに作られているので、行動食、財布などの小物を入れるのに適しています。
ロードバイクに乗る姿勢では、どうしても通常のポケット位置だと中身が零れ落ちてしまうことがあります。この上ジャージのポケットがあると、リュックを背負う必要がなくなるので大変便利です(*´ω`)
上ジャージは前面よりも背面の方が長く作られており、裾にはシリコン素材のずり上がり防止が裏面に付いています。これがあればどれだけ前傾姿勢になったって、激しく動いたってジャージがずり上がって背中が見えるなんて事はありません。
けれど「絶対」ではないので、ご注意は必要かもしれませんね。

カラーやデザインは様々あります。中には自分でデザインしたジャージを作成・販売してくれるサイトもあるようです(*´ω`)凄いですね。自分のチームジャージ。。。ちょっと憧れます。

あわせて読みたい