多趣味おもちゃ箱 > 果実酒造り > 杏酒も造る

杏酒も造る

こんにちは(*´ω`)
夫の趣味と興味が留まるところを知りません。
一度興味を持つと、更に突き進みます。

杏でもお酒造るよ!

それは土曜日の朝のこと。夫と私の朝は早いです。夫は4時に起き、私は5時半頃に起きます。夫の場合は別に早起きしようとしているわけではありません。単に目が覚めるそうです。不思議です。
そんな夫が朝からそわそわしていました。高尾山行きは前日の内に中止としていたのに、そわそわするような出来事があっただろうか?と思っていると、既に準備された杏が。。。
私(;´ω`)「おはよう。そ、それは何かね?」
夫(*´ω`)「おはよう。杏です。杏酒を造ります」
私(;´ω`)梅酒造ったばかりじゃないかぁ~。まだ造るのか。。。
夫(*´ω`)「早速造ります」
早朝から始まった杏酒造りスタートです!

しかし、本当に突然で杏以外何もありませんので、24時間営業のお店に行ってホワイトリカーと氷砂糖を買ってきました(;´ω`)
造り方は梅酒と同じです。洗って、ヘタを取って、傷んでいる物は排除。熱湯消毒し、乾かした瓶に杏と氷砂糖とホワイトリカーを入れ、蓋をきっちり締めて、終わり。

一度梅酒を造って慣れたせいか、今回は大胆に作業を進めています。
杏は梅よりも実が大きく、そんなに量がありません。でもこれで1キロほどだそう。

そして大胆に材料を投入してきます。
まずは氷砂糖!最早、地層にはしません。杏の個数も少ないことですし。

そしてホワイトリカー!地層ではないので、ドバドバ入れます。
遠慮なく投入です。

ざくざく入れていきました。慣れって怖い(;´ω`)
手慣れたもので15分ほどで完成してしまいました。

しかしこれで内には8リットルの果実酒が。。。私も夫もそんなに飲めません。飲みきれるのだろうか不安が過ります(;´ω`)
けれど、夫が楽しそうなので私も嬉しい(*´ω`)
楽しみが2倍と思えば、良いことですね。

しかし、今日という日はこれだけでは終わらない。。。
それが夫!留まることの知らない夫の好奇心の始まりです!

あわせて読みたい