家族に波及する夫の趣味!

こんにちは(*´ω`)
大変驚きなのですが、夫の趣味が家族内に波及しています。
影響力がここまで強いとは、びっくりです。

母 やる気になる!

現在、夫の家族と二世帯同居の私(*´ω`)色々お世話になっているご家族とは、春にはお花見、夏にはバーベキューなど楽しみを共有しています。
しかし、最近になって夫の趣味が過熱していくにつれ、お母様がやる気になりそうです(;´ω`)

母(*´ω`)「よく山に登るわね~楽しいの?」
夫(`・ω・)「楽しいよ!足腰丈夫になるし、絶景が見れるし!」
母(*´ω`)「あら~そうなの~。。。私もやってみようかしら」
私(; ゚ ロ゚)?!
夫(*´ω`)「いいね!今度一緒に行こうよ!歩きやすそうな山を探しておくよ!」
私(; ゚ ロ゚)?!

これが運命なのでしょうね(*´ω`)はい、知っています。夫の過熱しやすい性格はお母様とよく似ていると。
お母様、夫ともに興味を持ったらやってみなくちゃ気が収まりません。せめて少しでも安全に行けるよう、私も山検索に助力したいと思います(`・ω・)怪我ダメ絶対!

歩きやすいのは低い山?

初心者向けと言うと、やはり距離の短くなる低めの山が良いようです。
しかし、安易に標高の低い山と言ってもその道程が厳しいこともあります。あまり手入れのされていない山ですと、歩きにくく、崖っぷちを歩かざるを得ない事も(; ゚ ロ゚)そんなのダメだ!
ネットで「初心者 登山」で探すと色々と出てきます。その中から探してみようではありませんか!夫だけに任せていたら、本当に初心者向けの山になるか解らない!(`・ω・)疑っているわけではありません!ただ、選び過ぎて条件が不明瞭になってしまわないかを危惧しているだけです!

第一候補 「高尾山~東京都」

有名な高尾山です。
標高599m。
遊歩道のような初心者向けコースからちょっと本格的な登山コースまで、9コースある高尾山。
山の麓は京王高尾線の高尾駅があり、駅前はちょっとした観光地。美味しいとろろ蕎麦が有名です。
コース内には、神社や滝、吊り橋など様々な見所があり、どのコースへ行っても四季折々の自然と景色を堪能できるようです。

私的ポイント☆(*´ω`)
ここには、ケーブルカーとリフトがあるんです!
山頂まで歩くのは辛い!ならば文明の利器で登りましょう!
頑張って登ったけど、帰りが辛い!ならば文明の利器で帰りましょう!
往復切符もありますが、片道切符もあります(*´ω`)状況に応じて楽ができます。運悪く怪我をしてしまったり、思わず体力が尽きてしまっても安心です。
観光地でもある為、飲食店には事欠きません。しかし混雑必死(;´ω`)

第二候補 「峯岡愛宕山~千葉県」

標高408.2m。
実はある意味「登るのが難しい山」と言われています。
なぜならば!自衛隊施設内の山だから(; ゚ ロ゚)入れる方が凄いと思いました。
一週間以上前の事前申請が必要で、写真撮影は基本的にはお断り。部分的にはOK。申請しても、自衛隊の都合によっては許可が下りないこともあります。
申請に許可が下りた場合でも、必要書類を登山する全員分提出しなければ、入ることも叶いません。
ある意味「登るのが難しい」ですね。
ですが、ちらほら登った人のブログなどがあります。手間暇惜しまなければ、登山自体は難しくないようです。

第三候補 「大山~神奈川県」

標高1,252m。
中腹まで出ているケーブルカーで一気に登り、そこから1時間30分ほどで山頂へ到着できるようです。標高1,000m超えですが、半分はケーブルカーで行けるので初心者向けかな?と思います。
登山口はケーブルカーの発着駅になっている阿夫利神社の脇にあるようです。ある程度舗装されている山道が続いているようなので、歩きやすさは問題ないよう。
山頂には茶屋があり、軽食が楽しめるようです。トイレ、ベンチもテーブルもあって、休憩場所には困らない仕様なのは嬉しいですね。
標高が高いだけあり、景色がかなり良いのも魅力のひとつ。

迷う選択肢

どの山に登ろうか、色々な条件で迷います。近場がいいのか、お店などが色々ある観光地的な山がいいのか、歩きやすさを重視した山を探すべきか。。。
考えだすときりがないので、いくつかの候補を出したら後は家族で多数決ですね(*´ω`)

あわせて読みたい