登山初心者の鍋割山リベンジ登山!失敗から6日目のリベンジ達成なるか?

丹沢山系の鍋割山。。。再び(`・ω・)!
前回の失敗を活かしつつ、どうにかこうにか登ってきました!今回は山頂ご飯に到達できました!

目次

 

鍋割山リベンジ登山のコース全容

鍋割山山頂までのコース

前回は後沢乗越の手前までで下山してしまいましたが、今回は山頂を踏むことができました!
コース全体を登ってみて、私なりの感想は上の地図のようになっています。全体を3つに分けて、それぞれの部分についてコース解説していきます(`・ω・)!

 

緑:入り口は楽々平坦~緩やかな登り

鍋割山 序盤の林道

無料駐車場の表丹沢県民の森駐車場をスタートし、2つの分岐を超えてると本格的な林道に入ります。ここら辺はまだまだ緩やかな登りです。砂利道が続くので、そこまで体に負担はかかりません。

鍋割山 序盤の橋

女性でも難なく歩ける道となっています。見所は綺麗な渓流にかかる橋!実際に歩いてみると橋は簡易なものなので、かなり揺れるのが体感できます。
高さのある橋ではないのですが、幅も無いので気を付けて渡らないと簡単に落ちます(*´ω`)気を付けましょ!

 

赤:真ん中は川登りと急登の連続!

林道を抜け切ると急登が待っています。その急登の入り口はなんともびっくり!川と滝!
水量が微々たるものなので、登山道として使われているのでしょうか。これを登ると知った時は、道を間違えたんじゃないかと不安になりました。

川は大した深さも幅もありません。立ちはだかるのは滝の方です。狭く急な岩登りをしなくてはならないので、ストックがかなり邪魔になります。できるだけ両手を自由にした状態で登ることをオススメしたいですね。

鍋割山 中盤の滝登り

下からでは上手く撮れなかったので、上からの写真を載せています。木の根はびこる段差を、水の流れている川から登ってきました。

滝を超えると狭く急な林道を登っていきます。その先に中間地点の後沢乗越に到着です。若干スペースがあるので、2~3人ならば休憩できるスペースがあります。

鍋割山 中盤の急登

後沢乗越の先にも急登が待っています。基本的には木で作られた階段と木の根の階段や段差が続きます。高さがあるので、女性や背の低い人にとっては一歩が大変辛い道です!

 

橙:最後は急登と緩やかな登りの連続!

鍋割山 終盤の急登

コースも残り1/4となるとだいぶ道は変わってきます。山慣れした登山者ならば、楽々コースでしょう。
私にとってはしんどい事この上ない!って感じでしたけれどね(´Д`)

鍋割山 終盤の緩やかな登り

急登の階段や落差のある段差がしばらく続くと、その先は稜線などの緩やかな登り坂のセットが山頂まで続いていきます。
急登で頑張って、緩やかな道で息をつくといった感じのペースを掴めるのでは?といったコースでした。

実際、間にある緩やかな登り坂には本当に救われました。息が切れる中、ほんの少しの癒しでした(*´ω`)

 

山頂の有名鍋焼きうどんGET!

鍋割山荘

やっと到着した鍋割山山頂!しかしながら、午後1時前には営業終了してしまうので急いで夫と山荘へと向かいました。
そして、鍋割山山荘の洗礼を受けました(; ゚ ロ゚)

扉を開けると、薄暗い山荘内。中には女性が一人カウンターらしき場所の前でうろうろ。女性の頭の高さの位置に鍋焼きうどんの注文方法が吊るしてありました。
私(*´ω`)「注文票に名前と個数を書くみたいだね。注文票はカウンターかな?」
女性は注文票が見つからないようで、探しているみたいでした。
すると、カウンター奥から山荘の人が出てきて、
おじさん( ゚ ロ゚)「黙って待ってなさいよ!こっちは10連休ずっと働いてんだ!はい、名前と個数は?」
私(; ゚ ロ゚)「???!!!」
何も言っていないのにいきなり怒られ、パニックになる私をよそに、夫は二度目で心構えがあったせいか、先に待っていた女性に続いて淡々と名前と個数を注文票に書いていました。
おじさん( ゚ ロ゚)「 ザック持って入っちゃダメだよ!サングラスなんかしないで!」
私(; ´ω`)「す、すいませんっ!」

ここで私はザックを置く為、一度外に出ました。
めちゃくちゃビックリしました(; >ω<)別の意味で心臓バクバクです。山荘のおじさんは不機嫌が売り(?)のようです。
夫も初めて鍋焼きうどんを注文した時に理由はわかりませんが、怒られたそうです。
おじさんに声をかけたわけでもないのに怒られたので、何に怒られたのかわかりませんでした。けれど、入り口前にあった注意書きが目に入っていなかったのはいけませんでした。
ザックは持ち込まない。サングラスは危ないから外すという基本が出来ていませんでした。申し訳ありません。

鍋割山荘 注意書き

しかし驚いた( ´・ω・)
ザックを置いて、サングラスを眼鏡に変えて、再び山荘に入ります。なんだか声を出しづらい雰囲気があって、夫ともアイコンタクトのみで対応しました。
鍋焼きうどんはあっという間に提供(*´ω`)
カウンター手前の台に箸、七味、レンゲなどがあるので、必要なものを取ってすぐさま山荘を出ます。
こんなに緊張する注文は初めてです(; ´ω`)

しかし、鍋焼きうどんの味は最高に美味しかったです(*´ω`)!
濃い目の汁が疲れた体に染み渡ります!
具材はほうれん草、ネギ、しめじ、えのき、しいたけ、卵、カボチャの天ぷら、なると、油揚げ。

鍋割山の鍋焼きうどん

シンプルなんですが、とっても美味しい!山頂で富士山を見ながらという絶景のロケーションもあって、更に美味しく感じました(*´ω`)幸せ!

この日は見事な晴れ日!山々の先に富士山が姿を見せていました。少し雲がかかっていましたが、雄大な富士山の姿を隠すほどではありませんでした。
本当に見事な山々の風景に感動です(*´ω`)

鍋割山 山頂風景の富士山

鍋は食べ終わったら即返却です。何となく行きづらかったので夫に任せました。
私(; ´ω`)「な、何か言われた?」
夫( ˘ω˘ )「普通に「ありがとうございます」って言われたよ」
私(*´ω`)「普通のテンションもあるんだね」
あのおじさんの普通のテンションを見てみたかった気もします。

鍋割山 鍋焼きうどん繁忙期の値段

そして、ビックリ!事前に山荘情報から鍋焼きうどんの値上がりを確認していたのですが、GWなどの繁忙期には、更に値上げしていたことに気が付きませんでした(; >ω<)
鍋焼きうどん1,500円。
これを高いと思うか山頂料金ととるかはあなた次第。それでも、割と多く人が注文していたことは確かです。

 

不調の原因は?

前回の鍋割山登山では、体調不良で途中下山しました。まさに貧血の見た目をしていたので、下山翌日に病院にかかることに。
まだ血液検査の結果は出ていませんが、実は3年ほど前から健康診断の結果でヘモグロビン、白血球、血小板の数値が『要精密検査』となっていた事を話した結果、鉄剤を処方してもらえました(*´ω`)
ヘモグロビンは酸素を運ぶ大事な栄養素。それが無いからすぐに息切れを起こしていたのかもしれませんね。

リベンジ登山の日は、処方していただいた鉄剤を飲んでの挑戦でした。それが結果的に登頂成功させてくれた原因かもしれません。
体大事!体は資本!ですね。でも不思議なのは、健康の為にウォーキング、ジョギング、筋トレをして、規則正しい食生活をして、睡眠だって毎晩21時前には寝ている生活を続けているのに、どうしてこうなったのか( ´・ω・)?人体の謎です。

あわせて読みたい