カメラのショルダーストラップ購入レビュー!ナイロン製のショルダーベルトで持ち歩き楽々!

bool(true)
一眼レフカメラのストラップ選定基準TOP画像

目次

 

一眼レフは重過ぎる!

一眼レフカメラの重さって、そんなに重いわけないって思ってますか?確かにそんなに重いことはないんです。
だいたいのカメラが650~800gくらい。夫が持っているEOS60Dは、675gです。1kgにも満たないんです。

けれど、これに同じくらいのレンズが一緒になると1kgは軽く超え、そして長時間顔の前で持ち続けるという姿勢が、重さをより感じる原因!

筋トレの重りだったら、1~2kgくらいは何の問題もなく持ち上げられますが、1日中それを持ち歩いて、顔の前で構えてを繰り返すと、たった1~2kgが非常に重いんです!

せめてカメラを構えていない移動時くらいは、両手に重さを感じたくないんですよね。
首にかけるタイプのストラップでは、首にカメラの重みがずっしりかかり、長時間は辛いです。そして、歩くたびにカメラが左右に揺れるので、手で押さえていないと不安定。
ちょっとした短時間の撮影にはピッタリなのですが、旅行などの長時間撮影には向かないストラップですね。

 

ストラップは斜めかけがおすすめ!

そこで購入したのが、カメラ本体のみを斜めがけできるショルダーストラップです。
どこのメーカー製品なのか不明ですが、安くて軽くて便利!

肩パッドの部分には、小さいながらもファスナー付きのポケットがついています。小さいポケットなどので、小ぶりな物しか入れられませんが、メモリーカードや小銭など、服のポケットではどこかに行ってしまいそうな物を入れておくには便利なサイズです。

ストラップの長さは調節可能です。
一番長く伸ばした状態で、約75cm。やせ型の成人男性が斜めに肩かけしたとして、カメラ本体が腰骨あたりにきます。

ナイロン製なので、水や汚れを弾いてくれそうな質感ですが、そういった保証はありませんでした。

紐の幅が約2.5cm。強度はある程度あるのでしょうけれど、薄いので貧弱な感じがあります。この紐に頼ってしまって大丈夫なのか、少々不安がよぎります。。。
(今のところ、落下や紐切れはありません。紐自体も傷みはありません)

 

選定の基準は?

一眼レフカメラのストラップという高価な物を持つのですから、次の条件はクリアできるものに厳選しました。

  • 紐の強度(重さに耐えられるか、擦り切れたりしないか)
  • 肩パッドの有無(体への負担軽減)
  • ストラップの取り付け方が簡単

この3点を満たさないものは、落下の危険などの可能性から使い続けることができないと思ったので、簡易すぎるストラップは除外しました。

最重要はストラップの強度ですが、カメラの重量を分散して持てる形状でないと、持ち歩きが辛くなるだけです。
写真撮影は長時間歩き回ることが多いので、重さは本当に辛くなります。首に一点集中してしまうストラップは、特に肩こりから頭痛へと症状が悪化しやすく、せっかくの写真撮影時間を快適に過ごせません。

簡単に取り付けられて、尚且つカメラの重さを分散してくれる。その上で丈夫!こんなストラップがいいですね。

おすすめ