朝型と夜型。あなたはどっち?走る時間で変わる効率!

マラソン、ランニング、ジョギング。『走る』という行為には時間帯が大きく影響します。
どっちが効率が良いか。それはあなたの体質次第!

 

目次

 

 

走る時間帯による効率の違い

時計とハリネズミの写真

人には、朝の方が活動しやすいタイプと夜の方が活動しやすいタイプと2通りあります。
夫は朝型、私は夜型です。以前は一緒に朝走っていましたが、今年の冬の寒さの中で私が体調を崩してからは別々に走ることにしました。
寒い朝、体温も上昇しきらない中で走っていたら、お腹は冷えてゴロゴロ、朝食を食べても体温が上がらず一日中寒い寒いと震えていました(´;Д;`)寒い!
夫も走り出した直後は寒そうなのですが、走っていると体が温まるから平気と言っています(`・ω・)問題なし!

これはもう体質が違うからなのでは?と思い、別々の時間帯に走ることに変更しました。夫は朝、私は夕方。それからはお互いに体調を崩すことなく走れています(*´ω`)最初からこうすべきだった。

朝は寝起きでお腹も空いています。その為、脂肪燃焼率が高いとされています。ダイエットには朝!シャッキリ走って、一日の目覚めを爽快にするのもアリです!
日が落ちた夜は無駄なものが視界に入りにくい為、自分の世界に浸りながら走ることができます。またすっぴんで走っても誰にも見えません!
朝型、夜型の具体的なメリット・デメリットを書き出してみました。

 

 

朝型のメリット・デメリット

朝日の昇る海の写真

一日の始まりに走る!そうすることでどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

メリット

  • 筋肉が解れて体温が上昇。体内時計もリセットされ、目覚めはすっきり!
  • 空腹時に走ることで糖質の貯蓄が少ない体は脂肪から燃焼させていく。その為に脂肪燃焼率が高くなり、一日の代謝も上昇!
  • 夜の内に空気中の不純物が地面に落ち、澄んだ空気の中で走ることができる。
  • 夜よりも朝の方が脂肪燃焼率が高い!
  • 時間の調整がしやすい。

 

 

デメリット

  • 寝起きに近い状態なので、準備運動をしても体はまだ寝ているなんてことも。無理に走ると怪我の原因に!
  • 冬は体温が上昇しにくく、その後も体温を維持できずに寒い思いをしがち。風邪予防をしておかないと、すぐに体調を崩しやすい!
  • 走る前には水分を補給してから!走り終わった後はしっかりメニューの朝食、温かいスープなど体温を上げる努力が必要。

 

 

夜型のメリット・デメリット

美瑛の星空写真

一日のスケジュールが終わってから走ることで、ストレス解消の意味が大きな夜型。どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

メリット

  • 一日のリフレッシュに最適!ストレス解消で走る人がいるほど!
  • すっぴんで走っても誰にも見られることがない!
  • 程よく走ることで心地良い疲労感を得られる為、快眠に繋がる。
  • 体が十分に目覚めた状態なので、怪我をしにくい。
  • 夕食前の空腹時なら、脂肪燃焼率も高まりやすい!
  • 暗くて視界に無駄なものが映らない為、自分の世界に浸りやすい。

 

 

デメリット

  • 走りすぎは交感神経が刺激され過ぎて寝つきが悪くなる。
  • 一日の食事で糖質が体に蓄えられている為、朝よりは脂肪燃焼率は減少傾向。
  • 暗い道を走るので、治安が悪いところはちょっと怖い!
  • 残業など繁忙期になると走れなくなることが多い。

 

 

朝型・夜型どっちがいい?

時間の調整がききやすく、一日をすっきり始めたい方には朝型ですね。
朝はとにかく寝ておきたい!という方には夜に走る方が断然オススメ!無理して朝走っても、パフォーマンスは上がりません。無理やり頑張っているという意識が、怪我を呼び寄せたりもするんです(`・ω・)気を付けて!

脂肪燃焼率の高さで言えば確かに朝型が高いですが、それも僅かな差でしかないんです。無理して朝型を続けるよりも、自分が夜型だとわかっているなら、夜に走った方が心身ともに健全ですよ(*´ω`)気持ち良く走れると、継続しやすいし、継続できればダイエット効果が高まります!

 

 

「誰かと一緒」それが楽しい

夫婦の後ろ姿写真

そして、誰か一緒に走る相手がいると継続しやすいものです。
ですがペースを合わせるのは割と難しいです。どちらかが相手のペースに合わせる我慢が必要になりますからね。我慢して走るくらいなら、スタートとゴールだけ決めて、あとは個別に走る方が楽しいと思います。
私たち夫婦はそんな感じではしっていました。今は時間帯も別々なので全く一緒というわけではありませんが、「相手も走っている」とわかるだけでモチベーションが上がります(*´ω`)「私もやってやろうじゃない!」という気持ちにさせてくれるのは、相手ありきですね。
夫(*´ω`)「夕方走った?」
私(*´ω`)「走った!」
夫(*´ω`)「頑張ったね!」
こんな会話が毎日続いていきます。怪我をしそうな時や調子が悪い時、すぐに相談できる相手がいると心強く、相手も頑張っているから私も頑張ろうとやる気が継続しやすいです。

家族や友人など身近に一緒に走れる人がいなくても、ランアプリには「友達共有」というシステムがあります。データ上だけかもしれませんが、友達登録した見知らぬ誰かが、いつ、どのくらい走ったのかを見ることができます。
ランアプリでは、自分のペースや距離、いつ走ったかの記録が簡単に管理できるのでオススメです。友達登録すれば、一緒じゃなくても「誰かと一緒」に走っている気分になれます(*´ω`)
もしかしたら、ラン友達とどこかのマラソン大会で出会えるかもしれませんよ。

あわせて読みたい