ホイール購入時に付いてきたまさかのもの!?個人輸入にはお金がかかる?

bool(true)
海外サイトで購入したロードバイクのホイール。商品到着時に代金支払いを要求され、あわや詐欺かと思った出来事をご紹介します。

ロードバイクのホイールが到着して、一番最初に驚いたのは、購入費用以外にもお金ってかかるの?!ってことでした。

目次

 

Fulcrum-racing3ホイールに付いてきた物

まず、フルクライムのレーシング3を購入して付いてきた物が2つあります。
ひとつは、無料でもらえるフルクライムのロゴ入りポーチ。15cmくらいの大きさがあるので、ちょっとした小物を入れるのにぴったりそうです。今はホイールの声明書を入れています。

フルクライムのレーシング3購入時に付いてきたロゴ位置ポーチ

もうひとつの方がやや困った物で。。。
それは、関税(; >ω<)!
まさかホイールを買うだけで税金かかるなんて知りませんでしたよ!海外サイト経由だから?海外輸送にはお金がかかるの?
でも、プロテインを買った時には関税なんてかかってなかったし。どうしてホイールには関税がかかっているのー???(; @ω@)???

 

ホイール到着時にかかった費用とは?

配達員さん( ´ω`)「こんにちはー。お届け物でーす」
私(*´ω`)「はーい!やったー!ホイール届いたー!」
配達員さん( ´ω`)「で、お金が2,800円になります」
私( ´・ω・)「え?」
配達員さん( ;´・ω・)「え?」

配達員さんも固まってしまいました。お金支払ってくれないの?って思ったのかもしれません。びっくりさせてすみません(; >ω<)

商品代金は支払済みだし、送料は着払いなんかではないはずだし。この時点で支払うものがあるなんて想定していませんでした。全く予期していないところからの支払い要求に、私は一瞬「代引き詐欺」を思い出しました。
けれど、外箱はフルクライムのロゴ入り。大きさもホイールであろうサイズの箱。住所と名前も間違っていません。どう見ても、夫が注文したホイールです。
なのになんで(; @ω@)?!

支払いを要求されている金額の内訳は、次のようになっていました。

  • 消費税・地方消費税 2,600円
  • 通関料 200円
ロードバイクホイール購入時の関税通知書
ロードバイクホイール購入時の関税通知書

もう意味がわかりません。
夫が何か知っているかもと思い、急いで電話をしましたが、平日の日中では仕事中の夫を捕まえることはできず、どうしようかと数秒悩みましたが、支払理由が「関税」でしたので、まずは支払いを終えて商品を受け取ることを優先しました。何かあれば購入サイトか配送会社に相談すればいいかと思って。

 

個人輸入には関税がかかる?

海外サイトを通じての購入は、個人輸入として捉えられるようです。そこで発生するのは、関税。
まずは、通関料200円。配達員さんにも言われたのですが、これは絶対に払わないといけないらしいです。
そして、消費税・地方消費税2,600円。国や所在地の市町村に対しての税金と思われます。こちらは添付の書類によると、不服申し立てをして、払ったお金を取り戻すことができるそうです。

ここでネットとの違いが1つ出ました!
インターネットで、同じようにWiggleでロードバイクのホイールを買った人のブログを見ると、通関料も消費税もかかっていないようなのです。そもそも、自転車部品に関税はかからないと決められているとか。
それじゃあ何で支払い要求があったの?ってことになっちゃうんですよね
(; @ω@)何が真実なのかわからない~!

 

これは関税ではなかった

問題点は、「関税」かどうか。
よくよく調べてみると、海外サイトを通じてロードバイクのホイールを購入した場合、関税はやはり無税だということが判明しました。
そして、日本には商品購入に「消費税」というものが必ずかけられます。これが商品到着時に支払ったものの正体です。
つまり、関税ではなかったということ。

しかし、私は「通関料」というものを支払っています。これは関税ではないのでしょうか?という疑問が残りました。
通関料とは、関税を通るにあたっての手数料のようなもののようです。実は、配送業者によって仕組みが異なります。

通関料は、国内配送業者によって徴収する・しないがあり、またその金額も配送業者によって異なります。
今回、郵便局経由で届いた為、200円の通関料がかかりましたが、民間配送業者で無料というところもあるそうです。

 

不服があれば申し立ててよいとは?

国際郵便課税通知書とともに送られてきた「不服申し立てについて」の書類。これによると、今回ホイール到着時に支払うことになった2,600円に納得がいかなければ、税関に不服申し立てをして、払い戻しをお願いできるようです。
(通関料の200円は不服申し立てできません。支払う必要のある手数料なので)

ロードバイクホイール購入時の関税通知書についていた不服申し立てについての書類

ただし、申請して再調査して、結果が出るのはだいぶ先になりそうな予感。そして何より必ずしも戻ってくるわけでもなさそう。。。
2,600円の為にどこまで頑張るのか?数万円かかっているならば、頑張る気力もありますが、2,600円の為に税関まで行って手続きするのは面倒すぎる!

私( ´Д`)「不服申し立て。。。する?」
夫( ´・ω・)「しない。面倒」
私( ´Д`)「だよね」
夫とも意見が一致しました。

もし海外からロードバイク部品を買うことがある人は、関税はかからないけど、消費税はかかるからね!配達員さんによっては「代引きです」って言っちゃう人もいるからね!ってことを覚えておくといいですよ。予告なく、商品到着時に支払い要求がきます( ´ω`)

おすすめ