槍ヶ岳 登山初心者は登れるのか?

こんにちは(*´ω`)
夫の登山熱がまったく衰えを見せません。このままでは日本で一番険しい山を挑んでしまいかねないです。

日本で一番険しい山 槍ヶ岳

槍ヶ岳は長野県にある北アルプスの南部に連なる山のひとつ。
標高3,180m。
日本のマッターホルンの別称からわかるように、非常に険しい山として知られている。登山者にとっては憧れの山。
地図で見るとひと目でわかりますが、山の中にある山です。それが意味することは、山の中で連泊必須!縦走以外の道は無し!

鎖場、ガレ場、切り立った崖、急斜面をほど垂直に登るハシゴ場などの難所がいくつも続く上に、長距離登山でしか行けない槍ヶ岳には、それなりの体力と気力が必要です。
生半可な覚悟で挑むと、救援要請を必要としてしまうかもしれませんよ?

どこを見ても絶景!

春はまだ雪深く、山スキーが楽しめるほど。夏になって雪が溶けると、高山の植物が花開き、蝶が舞う豊かな自然が顔を見せます。
秋になり、色付いたナナカマドの赤、ダケカンバの黄が何にも邪魔をされない青空とともに見える風景はまさに絶景。たくさんのフォトグラファーや登山者が足を運びます。
日本のマッターホルンを称されるだけあって、槍ヶ岳特有の尖った山頂を背景に見る風景は一見の価値ありです。

コースは主に3つ!

  • 表銀座コース
    中房温泉からスタート。燕岳を超えて大天井ヒュッテを通り、槍ヶ岳へ。
    標準登山時間は約23時間。
    距離にして約38km。
    日程は3泊4日を目安にするとちょうど良い。
    1日目は燕岳の燕山荘までを目指します。ここまでは槍ヶ岳に比べたら難所もほぼありません。体力残量に注意すれば、問題なく辿り着けます。
    2日目は大天井ヒュッテの先にある西岳まで移動します。緩めの稜線を通り抜けると、鎖場とハシゴ場の登場です。この辺りなかなか険しそうですね。ヒュッテ西岳で宿泊して槍ヶ岳に備えます。
    3日目はとうとう本命の槍ヶ岳です。西岳を進みますが、浮石や高所にあるハシゴ場を通ります。幅の狭い稜線を歩く箇所もあるので、より注意が必要のようです。
    多くの登山者は槍ヶ岳山荘に荷物を置いて槍ヶ岳山頂を目指します。身軽にならないと危険なのでしょうか?そう見えるほどに切り立った崖を登ります。
    槍ヶ岳山荘から山頂までは片道30分程度です。しかし人が賑わう時期になると登山待ちで3時間以上かかってしまうこともあるようです。時間と体力には余裕を持って行かねばなりませんね。

 

  • 上高地コース
    上高地からスタート。梓川沿いを上流へ向かい、続く槍沢沿いを進んで槍ヶ岳へ。
    標準登山時間は約18時間。
    距離にして約39km。
    日程は2泊3日を目安にするとちょうど良い。
    1日目は上高地バスターミナルを出発して槍沢を目指します。途中の横尾まではほぼ平坦な道なので難所は無し。分岐から一ノ俣まで徐々に高度が上がります。槍沢ロッジで宿泊です。
    2日目は槍ヶ岳山荘まで移動します。夏場でも残る雪渓があるようなので、見どころでもありますが、足場には注意しなければなりません。ザレ場、ガレ場が多いので浮石には特に注意です。そんな場所を登りきれば槍ヶ岳山荘に到着。山荘に荷物を置いたら山頂へアタックです。

 

  • 新穂高コース
    新穂高温泉からスタート。槍平小屋を通って槍ヶ岳へ。
    標準登山時間は約17時間。
    距離にして約27km。
    日程は2泊3日を目安にするとちょうど良い。
    1日目は新穂高を出発し、槍平小屋を目指します。未舗装の林道を抜けていくので、静かに山を楽しみたい方向けのコースのようです。
    2日目は槍平小屋から槍ヶ岳へ。樹林帯を抜けると花畑の広がる場所に出ます。道はどんどん険しくなり、ガレ場や急斜面が出てきます。
    槍ヶ岳山荘に着いたら荷物を置いて、山頂へアタックです。

縦走の楽しみ方

高瀬ダムからスタートする裏銀座コースも有名ですね。その他にも縦走しながら槍ヶ岳を目指していくコースはいくつもあります。
槍ヶ岳はどうしてもどこかの山を経由しなければなりません。その為、縦走が楽しみのひとつとなっています。上記のコースは一般的なコースです。それ以外にも自分であちこち縦走しながら槍ヶ岳を目指すも良し、周辺の山々を縦走してみるも良し。色んな楽しみ方があるようです。

ただ、どのコースからでも稜線に出れば絶景を見ることができますね。人工物のまったく無い風景を目の当たりにして、自然の偉大さを思い知るのも魅力のひとつです。

その為には難所をクリアしなければなりません!
長距離の登山になるので荷物もそれなりに重くなりますね。それについての対策もしておかないと、早々にリタイアになってしまうかもしれないですね。

あわせて読みたい