キャプテンスタッグのコーヒーミルS購入!理想のコーヒーを淹れたい!

bool(true)
山やキャンプで美味しいコーヒーを飲むために、キャプテンスタッグのコーヒーミルを購入しました。使ってみた感想やコーヒーを淹れる難しさをご紹介します。

夫の趣味のひとつである登山、そしてキャンプ。そのどちらにも使えて、ロマンある道具といえば、コーヒーです!
夫(*´ω`)「やっぱり豆から挽きたいよね」

目次

 

キャプテンスタッグのコーヒーミル

夫がコーヒーに目覚めました。数年前まで、夫はコーヒーが苦手でしたが、ちょいちょい飲む機会があってから好みのコーヒーに出会って、今ではコーヒー好きに。
そんな夫が、登山やキャンプでも美味しい自分好みのコーヒーを飲むために、男のロマン「コーヒーミル」を購入しました!

キャプテンスタッグのコーヒーミル

ステンレスのシルバーボディに、金属臭のないセラミック刃。ボディ全長は135mmと短く、手のひらにちょうど収まりやすい大きさ。重さは219gと軽量なので、キャンプにも登山にも持って行くには便利そうです。

 

ポイントはハンドル収納バンドと軽量ボディ

夫がこのコーヒーミル購入で重視したのは、コンパクトで無駄がないこと。多くのコーヒーミルは、ハンドルが取り外せるのにも関わらず、そのハンドルを本体に固定るする仕様ではありませんでした。別にハンドルくらい小さいし、別途ゴムバンドでも付ければいいのですが。。。やっぱり正規品としてハンドル固定して片付けられるタイプが良いようでした。

あとは重さです。キャンプなら多少の重量物があっても車移動なので問題はありませんが、登山となるとそうはいきません。重さはできる限り削って、荷物の邪魔にならない大きさと重さであることが大切です。

そこで選び抜かれたのが、キャプテンスタッグのコーヒーミル!
同じようにハンドル収納が付いているポーレックスのコーヒーミルも最終選考まで残りましたが、重量と金額の差でキャプテンスタッグに決まりました。

 

道具なしの豆の計量方法

コーヒーミルを買ったのはいいのですが、付属して色々買わないといけないのが手間ですよね。ドリッパーとフィルターは必須です。でも別にいらないんじゃないかな~と思ったのは、豆を軽量するスプーン。

豆の計量はできれば正確な方が美味しく召し上がれますが、そこまで細かな違いは気にならないかもしれないし、何より軽量だけなら他に手があると夫が!

私( ´ω`)「豆の計量ってどうするの?」
夫(`・ω・)「大さじの計量スプーン2杯分が適量らしいよ」
私( ´・ω・)「ふ~ん。大さじ持ち歩くのも面倒だね」
夫(`・ω・)「いや、持ち歩かない!一度軽量した豆をコーヒーミルに入れて、ミルの中にどれくらい入ったかを覚えれば、もう軽量しなくても大丈夫だから!」
私( ´・ω・)「なるほどね!」

キャプテンスタッグのコーヒーミルに豆を入れた状態

というわけで、夫の好みの味わいにするべく、豆の計量調整は現在も続いています。
大さじ2杯分の分量は、コーヒーミルに入れてみると上の写真のような感じです。この感覚から大きくズレなければ、味に差は出にくいんじゃないでしょうか。

 

力入らずの豆挽き

かなり昔、すごくレトロな感じのコーヒーミルで豆を挽いたことがあるのですが、その時の感想は「ハンドル重い!持ちにくい!」でした。
だから、コンパクト設計のコーヒーミルはハンドルが重くて快適ではないのでは?と疑っていたのですが、思いのほか楽々回せることにビックリしました!

成人男性の力ではもちろん軽々と豆を挽くことができますが、女性でも楽々です。これは形の違いなんでしょうか?セラミック刃の性能なのでしょうか?コーヒー豆を挽くのがこんなに楽なんて!

 

収まりの悪いフィルター

紙製のフィルターとドリッパーは100均セリアで揃えました。このドリッパーの形はダイソー製品だけかと思っていましたが、売れ筋商品はどこにでも存在するものですね。

セリアのドリッパーとフィルター

しかし難点がひとつ。。。
紙フィルターの形です。底が平の台形型なのですが、ドリッパーの形に上手く沿わず、豆を入れても傾きます。安定感がないんですね。
このままお湯を注ぐと、ジワジワとコーヒーが落ちていくはずが、何だか落ちが悪い。。。底が平だから?やはり円錐形がよかったんでしょうか?

調べてみたら、フィルターとドリッパーの形にはそれぞれ特徴があるみたいです。まずはドリッパーから。
ドリッパーは底が平か尖っている2タイプ。穴の数はメーカーにもよりますが、平の方は1つ穴か3つ穴が多く、尖っている方は1つ穴が多いです。このドリッパーの違いは、豆がお湯に触れる抽出時間の差となります。

底が平な方は、抽出量が一定になりやすく、味わいがブレにくくなるという特徴があります。入門者向けや手軽に同じ味わいのコーヒーを飲みたい人に向いているタイプのようです。
底が尖っている方はお店でも使用するタイプのドリッパーです。こちらはお湯の入れ方で味わいが大きく左右されるので、かなりの慣れが必要のようです。その分、自分好みの味わいにしやすいという特徴もあります。淹れ方によって味が大きく左右される為、毎回同じ味にするのは難しそうですね。
また、ドリッパーの底に空いている穴の数によっても味の違いが出るとかなんとか。コーヒーは奥が深いです。

うん。夫、調べが足りなかったが故に、なんかチグハグに買ってしまったようですね。ドリッパーは円錐形なのに、フィルターは台形。本来はドリッパーの形に合わせてフィルターを購入します。だからドリッパーの中でフィルターが安定しないんですね。

 

理想の味にはまだまだ?

コーヒーミルが到着してから、毎朝コーヒーを飲んでいます。私はやや胃にきました。。。
夫は豆の量、お湯の注ぎ方、蒸らし時間などを変えて、理想のコーヒーの味わいにするべく奮闘中です。毎朝1杯だけの勝負!
今のところ、まだ夫の理想とするコーヒーには遠い味のようです。

豆の量や粗さ、抽出時間などの僅かな違いが重なることで、コーヒーは大きく味を変えてしまいます。理想の味にするには、いくつものパターンを試行錯誤するしかないようです。

今現在は、豆は中細挽き。豆の量は僅かに少な目。蒸らし時間をしっかりと置くようにしています。日々理想の味に近付いたり遠のいたりしているようで、夫は毎朝真剣です。
夫(`・ω・)「ちょっと濃い?豆の量。。。いや、挽き方かな?」
理想のコーヒーへの道は、今はじまったばかり。

おすすめ