多趣味おもちゃ箱 > 未分類 > ナポリストのお店 パンチョ 新宿店

ナポリストのお店 パンチョ 新宿店

こんにちは(*´ω`)
煮豚を作る計画は未定に終わりました。
なぜならば!夫とデートだったからです(*´ω`)

久しぶりのおめかししてお出かけ

前夜、夫から突然のお誘いが(*´ω`)
夫(*´ω`)「ねぇねぇ、明日新宿に買い物行かない?」
私( ゚ ロ゚)「え?! 行く行く行く!」
お化粧して可愛い恰好してのお出かけは久しぶりです(*´ω`)
夫(*´ω`)「手持ちの服がヨレヨレになってきたから、新しいの買いたい。ついでに山用品を見に行きたい」
私(*´ω`)「行く~!」
そんなこんなで新宿デートすることになりました(*´ω`)

デートと言えば、美味しいご飯は外せません!新宿となると、美味しいお店のひとつやふたつ(*´ω`)選び放題です!
何を食べようか前夜の内からずっと考えていました。けれどもデート。されどデート!おめかししてのお出かけが久しぶりなので、少しは小奇麗なお店でランチを楽しみたいところです(*´ω`)

現地で思い出す。『あの店』の存在。

朝早くから準備して、新宿へ降り立った私たち夫婦は、早速ランチのお店を探すことにしました。暑い最中ですが、ネットで調べるよりも街中を歩いて探す方が好きなので、適当な道を選んで気に入ったお店を探します(*´ω`)
そんな時、夫がふと思い出しました。
夫(・ω・`)「そういえば、秋葉原に行った時にナポリタンの美味しいお店に行ったんだけど」
私(*´ω`)「そういえば。行ったって言っていたね。次は私も行きたいな」
夫(*´ω`)「新宿店があったはず」
私(`・ω・)「探しましょう!」
でかした!夫よ!(`・ω・)
本当によく思い出してくれました!あのナポリストの為のナポリタンのお店(*´ω`)是非とも行ってみたかったんです!

ナポリストの為のお店『パンチョ』さん

ナポリタンが心から好きな人のことを『ナポリスト』と言う(`・ω・)私もそんなナポリストの1人です。
パンチョさんは夫がロングライドで行った秋葉原で出会ったお店です。美味しいナポリタンを追求した、ナポリタン専門のお店です。
話に聞いて、ネットで調べて。行ってみたいな~と夢を膨らませていました(*´ω`)

新宿店は新宿駅東口のすぐ近くにあります。セントラルホテル東京の真向かいの新東ビルの地下1Fにあります。
狭い階段で頭上注意です。歩く際はご注意を。
階段を下りると、店の入り口前に発券機があります。そこで注文するメニューの券を購入します。券を持ってお店に突入です。
店内は狭く、全てカウンター席。通路は中央に1本の道があるだけで全席が壁に向き合います。中に入ったところで店員さんが声をかけてくれます。

『麺の量』
小盛 300g
普通 400g
大盛 600g
※入ってすぐ目の前に食品サンプルが置いてあり、どれほどの分量かひと目でわかります。

『追加トッピング』
追加のトッピング券を購入していた場合、券に書かれたトッピングの内、どれを注文するか選びます。
※店内に入ってからの現金での追加も可能です。

注文が終わったらお席に案内されます。ただし!お水はセルフサービスなので、この時点で自分の席に持っていくと良いでしょう。なぜなら店内が狭いので、行ったり来たりは他のお客様のご迷惑にもなるので。
だからと言って、席を立っていけないわけではありません。途中でお水のお代わりの為に席を立ってもOKです。

私は初めての来店だったので『ナポリタン 小盛300g』を。夫は何を考えたのか『ナポリタン 大盛600g 目玉焼きトッピング』を選んでいました。そんなに食べきれるのでしょうか。

席で待つこと5~10分ほどして待望のナポリタンが運ばれてきました(*´ω`)

艶やかな赤色の麺~!太目の麺に絡まる野菜たち!最高の出来栄えです!
左が小盛300g。右が大盛600gプラス目玉焼きです。
この銀皿に乗せられてくる辺りがノスタルジックですね(*´ω`)最高!

いただいてみて驚きました( ゚ ロ゚)麺が想像以上にもっちもちなのです!太目の麺を使用されているのですが、それがもうもっちもち!ソースにはカゴメのトマトケチャップと生のトマトを合わせて作っているらしく、そのソースが絡んでいて、とても美味しい(*´ω`)!
所々焦げてパリっとした麺やウインナーが別の食感を与えてくれ、麺のもちもちさが更に際立ちます!
具の野菜は昔ながらのナポリタンにあるピーマン、玉ねぎ、ウインナーだけ。これだけのシンプルさ。
なのに味が深い!
べちゃべちゃしたナポリタンはよくあるのですが、このお店のはそんな事はもちろん無いです!しっとりとソースが麺に絡み、余分なソースが滴ることは無いのです。
食べやすく、美味しい。なんて最高なお店でしょうか(*´ω`)

テーブルには山盛りで入っているパルメザンチーズに、家庭では目にしたことの無い大きさの瓶に入ったタバスコが置いてありました。どちらもナポリタンには欠かせません。ご自由にお使いいただけるようになっております。
麺は少し短めで、フォークで巻くとちょうどひと口に収まりそうなサイズに収納されるようになっているのでしょうか。とても食べやすかったです(*´ω`)

小盛では少なすぎたかな?と思ったのですが、女性にはこの位でちょうど良いかと思います。後にデザートを考えるならば小盛をオススメします。ここでお腹を満たしたいなら普通盛が良いでしょう。
しかし量だけではありません、驚くのは。このお店には追加トッピングがあり、これまた興味をそそるメニューばかり。

厚切りベーコン、目玉焼き、ポテトサラダ、焼きチーズなどなど。
次回は是非とも厚切りベーコンを乗せて食べたいです(`・ω・)

大盛を頼んだ夫は、最後の方はアスリートになった気分で食べきりました。さすがに多かったようです。午後のデザートはもちろん食べることはできませんでした。

チャレンジメニュー?やっぱりあった

お店には何かしらチャレンジメニューがありますよね。こちらのパンチョさんにもありました(*´ω`)

特大の量ですね。2.3kg!
大盛の600gですら、かなりの分量なのに。大食いさん専用メニュー2.3kgとは!凄いチャレンジです。私は。。。頑張っても食べきれないでしょう。

美味しかったです。ご馳走様でした(*´ω`)
次回は厚切りベーコンと共に普通盛を試したい。。。食べきれるかな?

あわせて読みたい