歯の矯正?人の歯、自分の歯に、どれくらい気になっていますか?

歯って、普段は全く気になっていないのに、歯並びや色にふと気が付くと、自分の歯を人に見られるのが怖いと思うくらい気になりませんか?
それを指摘してきたのが我が夫です。

目次

 

「歯って気になる?」唐突な夫の質問

夫( ´・ω・)「ねぇねぇ、人の歯って気になったことある?」
私(; ´△`)「突然どうしたの?人の歯は気にしたことないけど。。。何かあったの?」
夫( ´・ω・)「特に何もないんだけど、歯が気になって」
私( ´・ω・)「自分の?」
夫( ´・ω・)「いや、人の」
私(; ´△`)「なんで人の歯。。。?」

なぜだか唐突に人の歯が気になりだした夫。歯並びの悪さ白くない歯が気になって仕方がないようなんですが、気になりだしたキッカケは特になく、気が付いたら気になるようになっていたようです。

。。。(; >△<)そんなこと言われたら、そのキッカケって私?!って思っちゃうんですけど!?そこんとこどうなんでしょうか?

実は、私は前歯の上下三本が、少々傾いて生えています。子供の頃、乳歯が抜けきる前に永久歯が生えてきたことに気が付かず、気が付いた時には永久歯の向きがやや横向きになってしまいました。
正面から見ると、ちょっと歪んで生えてるな~というガタつきが見てわかります。お陰で、一時期は人前で口を開くことが嫌になっていたこともあったんですが、大人になるにつれてすっかり忘れていました。

夫が人の歯を気にしたキッカケって、毎日私の歯を見ているから?
だとしたら、なんだか恥ずかしい!そして悲しい!
こんな歯をこれからも夫に見せていかなければならないと思うと、口を開けづらい!

気になることは直接確認が信条の私。夫に突撃質問してみましたが、私がキッカケではないとのこと。
。。。本当かな?( ´・ω・)気を遣って、そう濁しているだけかな?真実はいつも人の心の中。

 

歯列矯正の二つの方法

あまりにも気になってしまい、思わず歯列矯正について調べました。私が知っている歯列矯正は、銀色のワイヤーと小さな金具で歯全体を固定して、歯の歪みを数年単位で正していくという方法。
子供の頃にやっている友達がいたので、よく覚えています。喋ったり笑ったりすると、やっぱり目がいっちゃうんですよね。あの銀色のワイヤー目立つから。。。

今やマスク生活が基本となっていますが、食事や家にいる時には素顔を晒します。一番綺麗を見せたい相手に、一番見てほしくない姿を見せるのは、ちょっとどころではなく嫌なんです。

でも、最近の歯列矯正って、あの銀色のワイヤーだけじゃないみたいですね。
歯列矯正の方法には、主に二つ。ひとつは昔ながらの銀色のワイヤーで固定して、数年単位で矯正していく方法。もうひとつは、透明なマウスピースで数か月~2年ほどで矯正していく方法。
歯の状態によっては、その両方を組み合わせて矯正していくこともあるようです。

マウスピース矯正すごいな!
数年単位だった治療期間は短くなっているし、透明なマウスピースだから付けていてもワイヤーほどは目立たない!
これなら、やってみてもいいかもしれない!

このマウスピース矯正にも、たくさん種類があります。近年、美容歯科が増加傾向にあって、新しい手法はどんどん開発されていっているようです。新しいものが良い、古いものが悪いということは無く、新しければ知識の蓄積がないとも考えられていて、新旧どちらが良いのかは一概にはいえないようです。

その中でも、料金・期間・サービス内容で気になった三つを候補にあげました。症例写真から見る仕上がりは、どの矯正方法でもかなり整っていたので、完成度にそこまでの差はないかと思えました。違いは、どこまでやるか、どれくらい料金・期間がかかるかだと思われます。
歯並びが気になる人は、参考にどうぞ。
※仕上がりは歯科医院の症例を見ての個人的判断によるものです。

 

インザビライン

インビザラインは、アメリカ生まれのマウスピース矯正です。3Dスキャンなどによる正確な歯の状態を3D画像としてデータ化し、その歯列をシミュレーションによって矯正計画を立て、計画の流れに沿った最適なマウスピースを製造します。

発注と同時に最後まで全てのマウスピースが作成され、一度に手元に届きます。週数によって指定されたマウスピースを一日20時間以上ははめ続けることで、次のマウスピースのステージに移行できるという流れです。

マウスピースを付けている期間中も定期的な診察(1~3か月1~2回くらい)を繰り返し、途中で計画のズレが起きたら、マウスピースを再発注します。この時の費用は料金に含まれている為、追加費用がかかることはありません。
※追加費用については「正しい装着をしている・破損による再発注ではない」ことが対象となるようです。

  • 矯正範囲:歯全体
  • 料金:60~100万円(この他に、歯を削るなどの別治療が加わると、その費用は別途請求される)
  • 期間:1~3年(最初のマウスピース受取までに約1か月)
  • サービス内容:
    治療期間中のマウスピースの再発注は基本無料。ただし、一定の期間(5年くらいで医院による?)を超えるとその範疇ではない。
    治療完了後も1~2年ほどは、治療後マウスピースを付けて歯列戻りを抑制する必要がある。この費用は医院によってかかる・かからないがある。
    定期診察の際には診察料がかかる。
    診察の結果、当初予定していた歯列にするのに他の治療が必要になることもある。その治療をするかしないかは本人が決める。

約20年の歴史があるインビザラインは、日本での症例数も多く、信頼に値する歯列矯正かな?という印象が強かったです。
基本的に歯列全体が矯正対象となっているので、骨格の歪みなどの大きな障害となるものがなければ、誰でも受けられるといった感じですね。
ただ、気になるのは料金が全く手頃じゃない!相当高額です。ワイヤー矯正と同じくらいの料金になってしまう!

 

キレイライン矯正

低価格帯で知られるキレイライン矯正。手ごろな料金設定と都度払い制の導入で、若年層からの支持が熱いです。
矯正できる対象範囲は、上下の前歯だけ合計12本となっていて、軽度~中度くらいの歯列矯正の人向けといった感じになりそうです。

キレイライン矯正の矯正対象
  • 矯正範囲:上下の前歯12本のみ
  • 料金:20~80万円(この他に、歯を削るなどの別治療が加わると、その費用は別途請求される)
  • 期間:6か月~2年(最初のマウスピース受取まで約3週間)
  • サービス内容:
    ホワイトニング剤が無料で1本付いてくる。(医院によって付いていないところもある)
    一括払いと通院の度の都度払いが選べる。
    回数を契約するコース契約が料金的にはお得になる。(4回コース13万円)
    コース契約しなくても、都度通院する形態も選べる。(初回治療2万円、2回目以降4万円)
    治療完了後も1~2年ほどは、治療後マウスピースを付けて歯列戻りを抑制する必要がある。この費用は医院によってかかる・かからないがある。
    定期診察の際には診察料がかかる。
    診察の結果、当初予定していた歯列にするのに他の治療が必要になることもある。その治療をするかしないかは本人が決める。

インビザラインに比べると料金はかなりお得に設定されています。
それでも、矯正治療中に歯の動き方の変化によっては、歯を削ったり、ワイヤー矯正で歯の間隔を広げたりといった別の治療が必要になってくることもあり、追加費用が安い価格帯から飛び抜けてしまう可能性は捨てきれません。

軽度な矯正だったら、キレイライン矯正で十分かな?といった印象です。でも、症例写真には1年強の期間と40万円前後の料金がかかっている人が多く、そのほとんどが追加治療(歯を削るなど)を受けているんですよね。。。

治療に通う形態が選べる為か、マウスピースをまとめて作成するのか診察の度に都度作成になるのか、確認できませんでした。
マウスピース作成は、国家資格を持っている歯科技工士が国内?医院内?で作成するようです。このキレイライン矯正の方法を取り入れている医院で提携して、作成場所をまとめているのかもしれません。

他の矯正ではない目立ったサービスが、歯のホワイトニングです。ホワイトニング剤が最初に無料で1本もらえるのは嬉しいサービスですね!これはぜひやってみたい!(医院によっては付いていないところもあるので、事前に確認必須です)

 

クリアコレクト

インビザラインの後発として生まれたクリアコレクト。マウスピース矯正治療として、二番目に長い歴史を持っている治療です。
基本的な方法はインビザラインとほぼ同じです。

  • 矯正範囲:歯全体
  • 料金:20~66万円(この他に、歯を削るなどの別治療が加わると、その費用は別途請求される)
  • 期間:6か月~1年半
  • サービス内容:
    治療期間中のマウスピースの再発注は基本無料。ただし、一定の期間(5年くらいで医院による?)を超えるとその範疇ではない。
    治療完了後も1~2年ほどは、治療後マウスピースを付けて歯列戻りを抑制する必要がある。この費用は医院によってかかる・かからないがある。
    定期診察の際には診察料がかかる。
    診察の結果、当初予定していた歯列にするのに他の治療が必要になることもある。その治療をするかしないかは本人が決める。
    回数契約のコース契約と回数無制限契約から選べる。
    回数コースは医院によって料金が違い、無制限コースは66万円。

マウスピースの高さが他よりもあり、歯茎に2mmくらいかかります。それにより矯正する力を高めているようです。
矯正する力が強いので、期間が短くなるというわけではなさそうですね。症例を見てみると、期間は他の矯正治療とほぼ変わりませんでした。

他のマウスピースよりも薄い形状でハードタイプという特徴があるようです。装着時の違和感を減らす為の薄さになっていますが、硬さがあるので、痛みも出やすい諸刃の剣状態?

クリアコレクトは、マウスピース製造の為に専用のスキャナーを必要とします。3Dデジタルスキャンができる医院じゃないと、クリアコレクトが選べません。なので、国内で治療できる医院は数少ないことが難点ですね。

 

共通と違い

三つの歯列矯正方法を書き出して比較してきましたが、結構共通している部分が多いですね。同じ矯正治療の方法なので当たり前なのかな。
共通している点と違いを改めてピックアップしました。まずは共通項目からです。

  • 一日20~22時間以上の装着が必須。(これが守られないと治療期間が長引く)
  • 食事の時はマウスピースを外す。食事後は歯磨きをしてマウスピースを出来る限りすぐに装着。
  • マウスピースは変形・色移りしてしまうものなので、コーヒーやワインなど色移りしやすい飲食時には外すことを推奨。
  • マウスピースは日々お手入れがいる。優しく歯ブラシと歯磨き粉で汚れを洗い流す。力が強すぎると変形する。
  • 歯をずらす力が加わっているので、人によっては装着時に痛みを感じる。
  • マウスピースの素材にソフト、ハードがあり、治療過程で変化していく。痛みがある場合はソフトが選べる。
  • 治療完了後も歯列戻り抑制の為、しばらくはマウスピースを付け続ける必要がある。その為のマウスピースは別途作成するか、最後段階のマウスピースを付け続けるかは医院による。
  • 支払い方法が、現金、クレジットカード、デンタルローンから選べる。
  • 定期診察は1~3か月に1~2回。矯正方法によって回数は異なり、診察の度に診察料がかかる。
  • 医院によって細かな料金設定が違う。

歯科医院に頼りながらも、自分で治療を進めていく感が強いのが、このマウスピース矯正のようですね。マウスピースを常に付け続けられれば、治療は計画通りに進み、計画通りに終わりを迎えられますが、サボるとその結果が料金と期間にダイレクトアタックします。
面倒がらずに自分を律することができない人には、向かないかもしれませんね。

あとは、一律で外食と間食のハードルが上がる傾向にあります。人前でマウスピースを外すのって、なんか恥ずかしいですよね。周りで見ていたら気持ちのいいものでもないし。
外食の度にトイレでマウスピースを外し、その後は装着の為に歯磨きセットやマウスウォッシュを持ち歩いたりする必要があります。

間食も、家にいてもマウスピースが邪魔をして、外さなければならないし、その後は歯磨きしてマウスピースを付け直さないといけません。
いや、これってダイエットには最適なんじゃないでしょうか?だって、食べることのハードルが上がってるなら、面倒がって食べなくなるかもしれない!これはダイエットと組み合わせると最高かもしれない!

続いては、三つの違いをまとめました。

  • インビザライン・クリアコレクトは、治療完了までのマウスピースをまとめて作成。無制限コースの場合は治療期間中のマウスピースの再作成が無料。
  • キレイライン矯正は、低回数での治療はコース契約なしでもできる。支払方法も都度払いが選べる。
  • 歯の矯正対象範囲は、インビザライン・クリアコレクトは歯全体。キレイライン矯正は前歯の上下12本。

まとめてマウスピースを作成してくれるインビザラインとクリアコレクトの方が、一見良さそうにも見えますね。なんだか治療計画がよく見えている感じがします。

キレイライン矯正は低価格帯の矯正治療ということで、支払や契約内容が都度でもOKというお手軽感。そこそこの見た目が整えば、というくらいの人や軽度の矯正で済む人に向いていそうです。

 

やってみるか?やってみたいか?

マウスピース矯正を色々と調べてみて、自分だったらできそうな三つまで絞り込んでみました。
歯の状態やその奥にある骨の状態などから、マウスピースによる治療ができないと診断される場合もあり、その割合は約10%ほどだそうです。自分ができる対象なのかは、自己判断では難しく、まずは初回診察で治療の可不可を見てもらわないと前に進めそうにないですね。

やってみたいか?と言われれば、やってみたいんですが。。。
料金がそこまで安くはないので、足踏みしてます。
お金をかけてまで治療する気があるのかどうかが、自分でも悩んでいます。実際、夫に言われる前までは歯列を気にもしていなかったんです。小さい頃は気になっていた時期もありましたが、今ではそこまで気になっていなくて。
やってみたいという気持ちも淡く、

おすすめ