多趣味おもちゃ箱 > 登山 > 初めての縦走登山!神奈川県の丹沢山系を登る!

初めての縦走登山!神奈川県の丹沢山系を登る!

夫は朝から元気いっぱいで出発しました。早朝、日が登る前から元気です。
今日は夫の初めての縦走登山の日!気合もやる気もみなぎっての出発です!

目次

 

夫、初めての縦走は丹沢山系へ!

一度、丹沢山系のひとつ『塔ノ岳』へは登ったことのある夫。今回はだいぶ脚力と体力も増したことで縦走に初チャレンジです(`・ω・)!頑張れ!

『縦走』とは、ひとつの山を登って降りるのではなく、ひとつの山を登り、そこから稜線を通ったり、分岐から別の山の山頂へ登り続けることを言います。
一言で言うと、『ひたすらシンドイ登山』(`・ω・)
趣味でなければ、絶対に行かない登山行程です(*´ω`)

今回も前夜から夫に縦走登山へのお誘いをされました。
夫(*´ω`)「ねぇねぇ、丹沢山行かない?鍋焼きうどんあるよ」
私(;´ω`)「鍋焼きうどんは食べてみたいけど、縦走はキツイな~。そうでなくてもただの山に興味が湧かない」
夫(・ω・`)「富士山と霧ケ峰は行ったのに~」
私(;´ω`)「富士山は森林限界が近いから木々にまみれなくて気が楽なのと、日本一の山はやっぱり魅力。霧ケ峰はハイキング並みだったからね。他の山は自分の趣味でないと行く気にならないから、現地で邪魔してしまうよ。早く帰りたいって」
夫(`・ω・)「それは困る」
私(・ω・`)「ならば、すまないがソロ登山で行ってきて」
夫(`・ω・)「了解した」

こうして夫はソロ登山に向かいました(*´ω`)鍋焼きうどんは心残りです。

 

ひとつ目:鍋割山!目指すは有名鍋焼きうどん!

午前8時。夫が現地駐車場に到着し、登山開始の連絡をくれました。怪我や事故などの可能性を考慮して、こうやって出発到着連絡があると家族も安心できます(*´ω`)
鍋割山は前回もご紹介しましたが、標高1272メートルの山頂にある鍋焼きうどんで有名な山です。秋になると紅葉が見事に色付き、登山客で賑わうようです。
一般的なコースは3つほど。そのどれもが3~4時間コースです。ほどほどに長いと思いますが、登山が趣味の方々にとっては、初心者向けの短いコースなものなのでしょうか?夫は気楽に構えて出発していきました。

午前11時。鍋割山山頂への到着連絡と同時に、噂の鍋焼きうどん写真が届きました!

鍋割山の鍋焼きうどん

美味しそうです(*´ω`)十分に煮込まれているのが見た目でわかるっ!これ美味しいヤツです!
油揚げの右側にあるのはなんでしょう?とろろかな?お麩かな?つゆを吸って、美味しそうですね~(*´ω`)時期は夏真っ盛りだと言うのに、最近の涼しい天候のお蔭で山頂も涼しいらしいです。鍋焼きうどんにはもってこいの天候だなんて!さすが夫の強運は凄い。。。

あっちあちの鍋焼きうどんを完食して、夫は早速縦走へと向かったようです。次に向かうのはお隣『塔ノ岳』です。

 

ふた山目:塔ノ岳へ縦走!

塔ノ岳へは一度登っているので楽々と登れているようです。HPのコースマップにある予定時刻とほぼ同じく、1時間30分ほどで塔ノ岳山頂へと到着した模様。

塔ノ岳山頂

雲が多いようですが、日は差しているようで天気が良いですね~(*´ω`)お盆休みが終わったはずなのに、登山客の多さが目につきます。皆さん山好きですね。

 

さん山目:ラストは丹沢山へ!

丹沢山系に行って、一度も丹沢山に登ったことがなかった夫。この初縦走で初丹沢山を目指します。
丹沢山は日本百名山のひとつ『丹沢』の代表格とされています。標高1,567メートル。基本コースは大倉から塔ノ岳を経由し、丹沢山山頂を目指す約6時間の行程です。
山頂には『みやま山荘』があり、2004年に建て替えられた山荘は綺麗なロッジと言った風です。山荘HPに載っている写真を見ると、真新しい柱や壁が見られます。それだけではなく、綺麗に手入れの行き届いている風が見えるので、安心して泊まれそうな印象です(*´ω`)
今回は山頂を目指すだけなので、お泊りはしません。

午後14:40。塔ノ岳を出発して1時間40分ほどで丹沢山へ到着した模様です。

丹沢山からの富士山

ここからは富士山が見えるらしく、夫も運良く雲に浮かぶ富士山を見ることが出来たようです(*´ω`)いや~富士山って綺麗!

ここで次への出発や下山連絡が途絶えました。夫からは何も言われませんが、もしかしてお疲れの様子かもしれません。初の縦走で丸一日がかりですものね。そりゃ疲れますね。
そして、私行かなくて良かった~(;´ω`)同行していたら、鍋割山で直帰決定ですよ。それじゃあ楽しくないと夫に言われてしまいそうですが、登山が趣味ではない私にとって、縦走は苦行そのものですから。無理なものは無理と言う(`・ω・)!

 

順調に下山

時刻は午後15:50。丹沢山から塔ノ岳まで戻って、やっと山を満喫しきったようです。夫から下山連絡が入り、私もほっとひと安心です。
いや!まだ早かった!(`・ω・)下山時が一番事故率が高いので、安心はまだ早かったですね!

早朝から夕方までみっちり山籠もりした夫。帰ってたら、すっきりした顔をしていました(*´ω`)良かったね~
ストレス社会と言われる現代。昔から大なり小なりストレスと人間はセットでしたけれど、そのストレスに押し潰されてしまわないよう、皆さんも程々に趣味などで解消してはいかがでしょうか?たまにパートナーと一緒に行くと、またいつもと違った感じで趣味を楽しめますよ(*´ω`)

あわせて読みたい