富山~伊予ヶ岳 初登山

こんにちは(*´ω`)
今日は山に登ります。夫の単独初登山!

懐かしの伊予ヶ岳

昨日、早速購入した登山靴。セール中で格安で手に入れた靴を早く履いてみたい夫は、早速行ってきました。初登山!(*´ω`)
千葉県の南の方にある初心者向けの山、富山(とみさん)と伊予ヶ岳です。
標高336.6m。部分的に岩登りの要所が待ちかまえています。
でも、それほど高くないし、私も一度一緒に登っています。その時はちょっとしたハイキング気分で行ったのです。なぜなら、登ったことがある人から「遊歩道みたいなものだよ」と聞いていたので、めっちゃ舐めた格好で行きました。
その時の恰好がコレ↓
パーカー
Tシャツ
ジーンズ
スニーカー
ショルダーバック
楽だって聞いて、このくらいで平気だと思ったんです(; ゚ ロ゚)
行ってみて、すぐに後悔しました。。。
割と草木が生い茂っていて、歩にくい。やはり山(;´ω`)までは良かったのですが、もうちょっとで山頂だ!という所で、急斜面の岩場が待っていました。。。
(; ゚ ロ゚)岩。。。だけど。。。登るの?
両手を使わないと登れない岩の壁!だって、鎖も綱も引いてあるもの!
遊歩道ってどこ!?
ショルダーバックを両肩にかけ直し、ショッピングでもしていそうな軽装で岩を登りました。すぐ後ろから本格装備の男性二人組から爽やかに挨拶されました。
こんにちは~( ・ω・)? ( ・ω・)?
こ、こんにちは~(;´ω`)
私の恰好に「?」という顔で見ていました。。。
そうなるよね。こんな軽装でお邪魔してます。。。(´;Д;`)
遊歩道みたいなコースは別の入口からだったらしく、私達は入るところを間違えたようでした。それでも山頂前の岩登りは必ずあります。
下調べは重要ですね(・ω・`)

挑戦!単独登山

そんな懐かしい思い出もある山へ、夫は今回は一人で向かいました。
しっかりと装備を整え、いざ!
今回は伊予ヶ岳の隣に位置する富山(とみさん)から登り、そのまま伊予ヶ岳まで登り続けていくコースを予定しました。
朝6時に出発し、登山開始です。
山頂が北峰、南峰とふたつあり、それぞれ微妙に標高が異なります。
北峰の標高は、349m
南峰の標高は、342m
夫は北峰を目指します。
GWの混雑が予想できていたので、早めに登り始めて正解だったようです。人も多くなく、静かに登れたそうです。
基本的には山道、途中で階段もありつつ。けれど手を使わなければならない急斜面も時折あるようです。

1時間ほどで富山山頂へ到着!
天気が良く、千葉からの東京湾がよく見えます(*´ω`)
つづけて伊予ヶ岳へ!

伊予ヶ岳

過去に一度登っているので楽々と登山開始です。
けれど、時刻は9時過ぎ。GWということもあり、そろそろと混みあってきたようです。途中の狭い山道では混雑渋滞に巻き込まれる箇所も。

里見八犬伝

ご存じの方もいらっしゃると思います。この辺りは南総里見八犬伝に出てくる土地なのです。なので、伏姫の籠穴という場所があります。

こちらがその入口です。仰々しい雰囲気がありますね(*´ω`)
この階段を上った先に待っているのが、こちら。

伏姫が篭っていたとされている洞穴です。穴の右側に玉があるのが見えますね。

玉の台座には有名な八つの字が彫られています。結構ぎりぎりまで近づいて見ることができるようです。

有名な観光地を後にして、伊予ヶ岳登頂まで40分ほどで到着。

やはり山の上からの景色は爽快ですね。
夫は思っていたよりも楽に登れたようです。途中で難所と思える箇所もあったようですが、体力的にもまだまだいける!と。
怪我もなくて安心しました(*´ω`)

やはり必要?リュックサック

昼過ぎに帰ってきた夫は、すっきりした顔でした(*´ω`)登れて嬉しかったんですね。良かったです。
けれど、やはり装備に不満があるようです。。。
今回、登山靴は必須として購入したのですが、リュックサックは適当。
マラソン用に購入していた本当に小さいサイズのものしかなく、もっと高い山に登るには必要な装備が入りません。
ので、購入を早速考え始めました。。。
「買い物行っていい?」
(; ゚ ロ゚)本当に即行動だね!

あわせて読みたい