女性のキャンプ!持っていくべきメイク、スキンケアアイテムは?

恋人や夫、家族や友達でキャンプはさぞかし楽しいでしょう。けれど女性にはひとつ悩ましい問題がありますよね。
それは『メイク』と『スキンケア』!
アウトドアだからって、すっぴんは無理!けれどいつものケアも無理なんです!
キャンプ場の設備については以前記事にしましたね。それを踏まえて、メイク・スキンケア問題の解決案をご紹介します。

 

目次

キャンプ場の悲しい現実
キャンプ女子が持っていくべきアイテム
まとめ

 

 

 

キャンプ場の悲しい現実

額を抑える女性の写真

コテージにでも泊まらない限り、ほとんどのキャンプ場にメイクやスキンケアがしやすい洗面台なんてありません。鏡だってありません。全て屋外!外なんです!
場所によっては『節水をお願いします!』という所もあり、洗顔の為のたっぷりの清潔な水が手に入らないこともあります。

それに家ですっぴんは普通でも、見知らぬ人達がいる屋外ですっぴんは少々恥ずかしいですよね。それも気になる人と一緒に行っていれば、すっぴんでいる時間なんてできるだけ少ない方がいいし、すっぴんでも綺麗なお肌を見せたいところ!

キャンプ場では、いつも家でやっているようなしっかりメイクやスキンケアはほぼできないと考えていいです。
手軽なアイテムで綺麗になる!を考えましょう。

 

 

キャンプ女子が持っていくべきアイテム

やはり時短コンパクト!この2つが兼ね揃えられてキャンプに持って行けます。
私が考えるキャンプ女子が持っていくべきアイテムはこちらです!

 

ふくだけコットン

行く前のしっかりメイクをするんと落としてくれるメイク落としシートです。
これ1枚に美容液も入っていてお肌が潤い、その後のスキンケアも省略できます。

 

ビオレさらさらパウダーシート

お風呂が無いキャンプ場だってあります。どこに行くかわからないし、もしかしたら入るのが躊躇われるお風呂かもしれない場合を考えて、汗を拭き取るシートは絶対持って行きましょう!
テントの中で「汗臭くない?」なんて会話は絶対に避けたいです!

 

朝の拭き取り化粧水シート

起きる前に寝袋の中でさっと簡単に皮脂を拭き取って、一枚で洗顔とスキンケアが叶います。
一緒にいる人に見つからない内にささっと綺麗になってしまいましょう。

 

バイソンのベビーピンク BBクリーム

ゆっくり下地からコンシーラーからファンデーションからなんて塗っている余裕はありません!BBクリームで時短ベースです。
厚塗りするとヨレる原因になるので、日焼け止めの後には気になるところにだけ!

 

KATEのラスティング デザインアイブロウ

失敗して落とせなくなるリキッドよりも、書き足しが楽なペンシルとパウダーがセットになっているアイブロウがオススメです。ペン1本なので、かさばることもありません。

 

ニベア色付きリップ

UVカット成分配合で紫外線対策ばっちり!色もほんのりつくから血色UPでほんのり華やかになります。

 

ヴァセリンリップ(ワセリン)

7gととっても軽量コンパクト!唇にも使えますが、体中のどこにでも使える万能性!
手や体の乾燥する部分につけても大丈夫です。寝る前にお肌につけておけば、乾燥から守ってくれます。

 

 

 

まとめ

初めてのキャンプなら余計に持ち物は何がいるのかわからなくなりますよね。
荷物がかさばることの多いキャンプなので、できるだけ個人の荷物はコンパクトに!これがキャンプの基本です。
少しでも参考になれたら嬉しいです。

あわせて読みたい