多趣味おもちゃ箱 > マラソン > アクアラインマラソンコースを歩いてみた!実際のコースはどんな感じ?

アクアラインマラソンコースを歩いてみた!実際のコースはどんな感じ?

こんにちは(*´ω`)
昨日は雨の為、高尾山へは行けませんでした。
もちろん、ただで終わる夫でもありませんでした。
しかし、杏酒造りだけで終わるわけもないのです。

アクアラインマラソン 42.195キロを歩く

杏酒を造り終わった夫は、いそいそと話しかけてきました。
夫(*´ω`)「高尾山行かないけど、雨が止みそうだから、ちょっと外へ出てみない?」
私(*´ω`)「いいね。どこへ行く?」
夫(*´ω`)「アクアラインマラソンのコースを歩いてみたい」
私(*´ω`)「ほうほう。それは面白そうだね。やってみよー!」

こうして、夫と私はアクアラインマラソンのコースを実際に歩いてみることにしました。本当もう突然です(*´ω`)

準備に勤しむ夫を見ていると、何やら大荷物。なぜか登山用ザックに食料や水を詰めています。
私(・ω・`)「なんでそんなに大荷物なの?」
夫(`・ω・)「登山する時の荷物を持つ練習もするんだ。長時間重い荷物を持てるようになりたいから」
私(・ω・`)「ふ~ん」
やりたいと言うので、止めませんでした。私はポケットに貴重品とハンカチ、スマホくらいです。

荷物の中身は登山時ほどではありませんが、そこそこあります。
・カップラーメン
・おにぎり
・行動食
・水2リットル 補充用
・水500ミリリットル 手持ち用
・メスティン
・SOTOガスストーブ
・ALITE super-light chair

ザックに詰めると割といっぱいに。私からしたら重さもそこそこあります。これで42.195キロ歩くのかと思うと、大変そう。。。ですが「歩く」だけですし(*´ω`)楽勝でしょう!

この軽率な予想が大きく裏切られるのは、あと7時間後。。。

さぁ!歩こう!アクアラインマラソンコース!


コースは木更津市潮見にある潮浜公園からスタートです。そこから北上し、木更津アウトレットのある金田方面へ。アクアラインへは木更津金田ICから入ります。海ほたるまで行って折り返しです。
そこから木更津アウトレットの周囲を回るように走り、袖ヶ浦駅を通過。ほぼ道なりに袖ヶ浦公園まで。そこからは登り下りの坂が多い清見台を走ります。
木更津駅を抜けたら、南へ下り、旧木更津市役所でゴールです。

潮浜公園からスタートすると帰りが大変なので、今回は駅前から行くことにしました(`・ω・)レッツチャレンジです!
袖ヶ浦駅からスタートしました。コースに沿うべく、袖ヶ浦アンダーパスへ向かいます。2017年に開通した道のようで、歩道の幅もあり、舗装はかなり綺麗な状態です(*´ω`)ここを潜り抜けるのは最後の方です。今は目の前を通過だけ。
まだまだ歩きながらの会話も楽勝。朝まで降り続いていた雨は昼前には止み、涼しい風を感じながら夫と一緒に歩きます。

袖ヶ浦公園まで約5キロ弱といったところでしょうか。そこから「ゆりの里」という道の駅の前を通過しました。イベントでもやっているのか、屋台で焼きそばでも焼いているかのようなソースの焦げる匂いがしてきました!(ง `ω´)งお腹すいちゃう!

良い匂いに後ろ髪引かれながら通過し、しばらく歩くと歩道が無くなりました?!(; ゚ ロ゚)
まぁこんな道路もありますよね。路側帯はあるけれど、車道と歩道を区別するほどの幅も高さもありません。結構なスピードで走り抜けていく車が怖かったです(´;Д;`)

しばらく歩き続けていくと、やっと歩道のある道へ出られました。

歩道橋?みたいな所を登ります。
実際のアクアラインマラソンでは車道を走るのですが、今は車道を歩くわけにはいきません。なので出来る限りコースに沿った歩道を歩きます。
階段を登りきると、田園風景が広がっていました。

天気が良かったら、さぞ綺麗だったでしょう(*´ω`)

この歩道橋を抜けていくと、アピタやケーズデンキなどがある開けた場所に出ました。行き交う車の量も増えますが、幅広の歩道があるから安心です。
ですが、そんなお店いっぱいの道路には入りません。手前の交差点を曲がり、住宅街のような静かな道を延々と歩いて行きます。
この辺りでランチタイムです。住宅街の中にぽつんとあった「西ノ下公園」をランチ場所と決めました。ブランコに滑り台、2つのベンチがある小さな公園です。屋根のある東屋がなかったので、朝の雨でベンチも濡れていました。
私(・ω・`)座れない。。。ローチェアもぬかるんだ芝生だと沈んじゃう。。。
夫(`・ω・)「レジャーシート持ってきたからベンチに敷いて座ろう」
私(*´ω`)「ありがとう」さすが夫!
ランチは夫が朝から握ってくれた大きなおにぎりとカップラーメンです。6月中旬だと言うのに、朝まで続いた雨のせいか、空気はひんやりでした。温かいカップラーメンが身に沁みます(*´ω`)
お腹も満たされ、休憩終了。歩き再開です!

割と大変かもしれない?

ここから延々と海の方へ向かって歩きました。清見台付近は坂道が多く、小さなアップダウンが続きます。ここまで10キロ前後を歩いてきた足に、徐々に疲れが溜まってきました(;´ω`)ま、まだまだ!
昔懐かしい昭和の飲み屋のような店が連なっている場所を発見しました。レトロですね(*´ω`)しかし入る勇気はありません。そんな住宅街を抜けて、やっと木更津駅へ到着しました。
2回目の休憩です。
駅の目の前に「スパークルシティ木更津」と言うビルがあります。そこの1階はテーブルと椅子が備えられた休憩スペース!(*´ω`)ラッキー!
椅子に座って靴を脱ぎました。実は私たち登山靴で歩いています(*´ω`)歩きやすいかなっと思ったのもあるし、登山靴の慣らしもしておきたくてだったのですが、この判断が結構厳しいことになってきました。
登山靴特有の足にぴったりフィットはいいのですが、足首に当たるクッション部分が痛み出して、歩いているのが辛いんです(;´ω`)じんじんする~
私の登山靴は富士山で履いただけなので、布もクッションもまだ柔らかくなっていません。余計に足首に突き刺さっているようで痛みました。
そして私はこんなに歩くと言うのに、普通の靴下履いてきちゃってます!完全にミスりました!登山靴と足のフィット感は薄れ、靴の中で足が遊んでいる始末。これでは足首にガツガツ当たって余計にひどいことに(´;Д;`)準備不足とはまさにこの事!
やっぱり必要!登山靴下「SOUTH FIELD SF-9D34005SK」
登山靴下の回はこちら→http://omochabako.tokyo/climb/266

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サウスフィールド SOUTH FIELD アウトドアソックス SF-9D34005SK (ピンク)
価格:1999円(税込、送料別) (2018/5/25時点)

 

履いてきたら良かったと本気で思います(;´ω`)

時刻は15時ちょっと過ぎた頃。後半戦は心して挑まねばなりません!(`・ω・)
5分ほど休憩を取ったら再スタートです。

駅前を出発し、海へと向かいます。アクアラインマラソンではゴールに設定されている旧木更津市役所を通過です。やっとここまで歩いてくることができました。
けれど私たちのゴールはまだ先です。
旧市役所を通過し、潮浜公園まで到着しました。広い芝生とその先には海に面したベンチが並んでいるようです。遊具らしき物は見つかりませんでしたが、綺麗な公園でした(*´ω`)いやしかし、足が痛い。。。

本当にシンドイのはこれからだ!

歩くほどに足首と膝の裏が痛いです(;´ω`)段々と笑顔と会話のなくなる私。夫もそれに気づいてか、あまり会話がありません。最早歩くだけに必死です。
「歩く」だけだと思っていたのですが、結構キツイんですね(;´□`)膝や足裏が痛むかな?と思っていたのですが、膝裏の筋肉というか筋が痛いんです。こんな事は初めてで、対処が考え付きません。
とりあえず、これ以上痛まないように歩き方を変えていこうと思います!(`・ω・)絶対ゴールするんだ!

潮浜公園を通り過ぎると、「あじさい通り」と言う通りをまっすぐ北上します。そこからは延々とほぼ真っ直ぐに木更津金田ICまで歩き進めていきました。
この辺りで膝裏の痛みが増してきました(;´□`)い、痛い。。。
膝を伸ばし切って歩くことが痛みで難しい為、膝を曲げた状態のままで歩きます。恰好としてはものすごく不格好です。途中の信号で止まった時には、膝の曲げ伸ばしをしてみたり、寄りかかれるところでは寄りかかってみたりしたのですが、すぐに痛みが引くことはありません。
(;´□`)きっつい!!
夫も何気に足裏や膝裏が痛いようですが、私の応援をしてくれたりと、私よりも余裕がありそうな様子。やっぱり元の体力や運動量によって差が出ますね。
やっとの事で木更津金田ICまでやってきました。私たちのゴールはもうすぐです!

ここから木更津アウトレットの周囲をぐるりと回って行きます。色とりどりに光る観覧車を見つつ歩いてくと、前方から肉の焼ける匂いが!(;´□`)こんなタイミングで!お腹すいちゃう!
アウトレットの隣にある「キサラピア」と言う小さな遊園地のようなものがあります。そこに隣接する「ワイルドビーチ」というところが匂いの元凶のようです。
グランピングが出来るようで、大きなテントがいくつも張ってありました。今すぐにでもあそこに飛び込んで足を伸ばしたい(;´ω`)

最早足は棒!
膝裏は伸び縮みしない筋に鞭打って行進するように歩き続けます!
だんだんと日が落ちて暗くなってきました。ゴールまではあと僅か!田園風景が両脇に広がる道を歩いてくと、袖ヶ浦駅が遠くに見えてきました(´;Д;`)もうちょっとだ!
ゴールを目前にしても、膝裏が痛いこと痛いこと。。。朝に見た袖ヶ浦アンダーパスを潜り抜けると、アップダウンに足が限界に。。。
少しだけ休みたくて道端に腰かけて小さく唸っていると、車から声をかけてださる方がいました。
女性ドライバー(・ω・`)「大丈夫ですか?駅まで送りましょうか?」
夫(*´ω`)「大丈夫です。すみません、ありがとうございます」
私(´;Д;`)良い人だぁ!「すみません、お気遣いありがとうございます」
人って優しい。。。(´;Д;`)
これでなぜか元気になった私。最後のゴールへ向けて重い足を再び持ち上げます!
暗くなった道を街灯が照らす中、夫と2人で歩きます。この辺りでは自分への互いへの応援を口にしていました。「頑張れ!頑張ろう!」と。
傍から見るとちょっと恥ずかしい人達ですね(;´ω`)不審者として通報されなくて良かったです。

待望のゴール!

袖ヶ浦駅に着き、本日のミッションクリアです!(´;□;`)やったぞー!
感動です!本当に感動しました!「歩く」だけがこんなにも辛いとは予想もしていなかったので、こんなに感動するとは思ってもいませんでした。
本当によくやったと互いを讃え合い、家に向かいます。。。

あわせて読みたい