多趣味おもちゃ箱 > マラソン > 登山系スマートウォッチを探せ!地図、時間、高度、天気が見たい

登山系スマートウォッチを探せ!地図、時間、高度、天気が見たい

スマートウォッチはたくさんあるのですが、登山に使えるタイプのものが欲しいです。
できれば、地図もしくは登山アプリがスマホと同期するタイプが一番の希望なんですが、それぞれの希望を叶えるものは本当に難しいですね。

目次

 

登山に役立つスマートウォッチ

登山で必要な機能が、スマホではなく腕時計で見ることができたら、スマホを落とす心配もなくなるし、ポケットからの出し入れで小さく時間を食うことが減るので、行程がスムーズになりそうな予感(*´ω`)
できれば、マラソンでも使いたいのでラン系アプリも使えるタイプだと尚良し!

そんな夢のようなスマートウォッチを夫と一緒に探していました。登山で使える腕時計は昔からあるのですが、私たち夫婦が探しているのは、もうちょっとデジタルなタイプです。

 

アプリ連動は可能?外せない条件

私(`・ω・)「スマートウォッチで何があったら嬉しい機能?」
夫(*´ω`)「う~ん、そうだね。登山に使いたいから、登山系アプリと連動できるといいかもね。あとは~」
出し合った条件は次のようになりました。

  1. 登山アプリ『YAMAP』との連動
  2. アプリ連動がなくても、登山ルートが見れる地図表示
  3. 天気、高度が見れると嬉しい
  4. マラソンでも使える機能があると嬉しい
  5. スマホを持っていなくても、ウォッチ単体で使えると良い
  6. できるだけ値段は抑えたい

絶対に外せないのは2番です。
地図を見るのが一番手間なので、できれば腕時計をチラっと見て概要を把握できれば、楽になるな~と考えています。

一番は現在使用している登山系アプリ『YAMAP』が使えること。見やすいし、見慣れているので。できれば使えたらいいなと。
YAMAPと連動できなくても、登山ルートが見られる地図が表示されることが最優先です!

 

厳選比較4選!

色々と夫と我儘な希望を出し合って、それに見合うスマートウォッチを探していました。時には動画を見たり、使用している人のブログを見たり。
最近は情報が得やすいのがありがたいですね(*´ω`)

そんな中で厳選した4つの登山系スマートウォッチをまとめました!この中のどれかを、夫にプレゼントしたいと密かに考えております(`・ω・)良いのがあるといいな!

 

カシオ プロトレック スマートWSD-F30

casio PRO TREK Smart WSD-F30は登山系スマートウォッチですが、釣り・スキー・キャンプ・サイクリング・ランニング・フィットネス・水泳など、様々なアクティビティのお供になる一品!

<性能>

カラー地図表示で、登山系アプリのYAMAPとの連動可能。
事前ダウンロードで、オフラインでも地図表示可能。
タッチパネル式ディスプレイは防汚コーディングで汚れに対して強い設計。
5気圧までの防水性能(釣り、水泳可能)に、アメリカ国防総省制定の軍物資調達規格MIL-STD-810G準拠の耐環境性能あり。
気圧・高度・加速度・方位・ジャイロセンサー搭載。
省エネモードでバッテリーが約2倍長持ち。
二層構造ディスプレイ(有機ELディスプレイ、モノクロ液晶)の使い分けで視認性と省電力を可能に。
フェイスデザイン(待ち受け)を選べる。
重さはバンド含めて、約83g。
音声検索も可能。

<デメリット>

スマホと一緒に持っていないと使える機能が制限される。
バッテリーは、通常使用で約1.5日。(使用環境によって変化あり)
充電ケーブルが磁石式で取れやすい。
アンドロイドスマホ向けに開発されたので、アイフォンでは使えない機能がある。
値段が高い。価格:61,000円(税抜)

 

ガーミン フェニクス 5X Plus

GARMIN fenix 5x plusは、登山・サイクリング・水泳・スキーなどのアクティビティに使え、心拍を計ることや音楽を聞くことも可能なスマートウォッチ。
過去のトレーニングとの比較も可能! トレーニング状況を評価し、最適なトレーニングへ導いてくれます。

<性能>

カラー地図表示。
ナビゲーション機能あり。
ルート上の勾配・距離・高度を確認し、先々のルートに表示。
心拍モニタリング機能で、活動時のカロリーやストレス値を数値化。
他の機能を使いつつ、同時に音楽再生可能。最大500曲保存。ブルートゥース対応ヘッドホンから気軽に再生できる。プレイリスト作成も可能。
Garmin Payでの支払い機能あり。非接触用支払端末対応レジで腕時計をかざすだけでお財布を持たなくても買い物が可能。
気圧・高度・加速度・方位・ジャイロセンサー・温度計搭載。
スマホの通知情報をウォッチで受信可能。
バッテリーはウォッチモードで最大約18日。その他機能を使うと、約11時間(音楽・GPS・心拍使用時)。
各アクティビティごとに専用の機能あり。
重さはバンド含めて、約96g。

<デメリット>

値段が高い。価格:109,800円(税抜)
YAMAPが使えない。
カラーバリエーションが黒のみ。
バッテリーの持ちが悪い。色々使うと1日も持たない。

 

スント トラヴァース

フィンランドのメーカーSuuntoのTraverseは、スント専用アプリがあって、スマートウォッチを快適に使いこなせるようになっています。
ディスプレイの表示はとってもシンプル!そのせいもあってか、バッテリーの持ちが良い点が最大のメリットです。

<性能>

ディスプレイは基本モノクロ表示。
GPSによるルートナビゲーション機能あり。(モノクロ表示で、地図というにはやや劣る)
自社テストに加え、アメリカ国防総省制定の環境耐久テスト( MIL-STD-810G )に合格。撥水性の高いバンド、振動・落下に強い耐久性など。
100m/330ftの耐水性。
Suuntoアプリで、スマホでも日々の活動記録が確認可能。(アンドロイド、アイフォン両方あり)
最大100時間の長時間バッテリー。
重さはバンド含めて、約80g。

<デメリット>

取扱店表示はあるのに、店に行くと商品が無い。ネット注文オンリーになりそう。
値段が高い。価格:46,440円(税抜)
地図の表示がとっても簡易。地形がわかりにくい、モノクロ表示のみ、ルート分岐が表示されない。
YAMAPが使えない。

 

スント スパルタン トレーナー リストHR

Suuntoの中でも夫が一番気に入った見た目のSPARTAN TRAINER WRIST HR。このモデルのオーシャンカラーがとっても気に入っていました。

登山だけではなく、水泳・スキーなどの様々なアクティビティのトレーニングコンパニオンとして使用できる機能が盛り沢山!

<性能>

ディスプレイは基本モノクロ表示。
GPSによるルートナビゲーション機能あり。(モノクロ表示で、地図というにはやや劣る)
トレーニング機能として、心拍計・インターバルトレーニングガイダンス・速度距離計測・トレーニングリカバリー時間の表示・トレーニング負荷データの保存などがある。
マイナス20℃~60℃までの温度で動作可能。
バッテリーはGPS機能使用で、最大10~30時間。タイムモードで約14日間。
重さはバンド含めて、約56g。
スマートウォッチとしては低価格帯。価格:34,452円

<デメリット>

取扱店表示はあるのに、店に行くと商品が無い。ネット注文オンリーになりそう。
地図の表示がとっても簡易。地形がわかりにくい、モノクロ表示のみ、ルート分岐が表示されない。
気圧、コンパス機能が無い。
バッテリーの持ちが悪い。
YAMAPが使えない。

 

その他のメーカーにもあるにはある

2009年にアメリカと日本で共同開発されたラドウェザーや、エプソンなどにも登山系スマートウォッチはあります。値段も上記の厳選おすすめ4選に比べると安いものが!

ありますが、地図が表示されないんです(; >ω<)!
ここ凄い重要!もっとも大切!なのに、なぜデジタル表示で高度や緯度、天気まで表示できるのに、地図が表示されないのか!!
登山で一番大切なのは地図だろう( ゚ ロ゚)!と叫びたいです。

アップルウォッチは、ランニングやトレーニングに対して重点を置いているせいか、登山系に役立ちそうな機能はありませんでした。
Nike Run Clubアプリ専用のアップルウォッチが発売されているので、マラソンだけに重点を置けば、アップルウォッチの方が使い勝手は良さそう。そして、見た目もカッコイイ!

登山時にもマラソン時にも、『スマホをポケットから出して見る』という行為が結構負担になります。動いている時には物を落としやすいですからね。
そんな時に腕時計をチラ見で見たい情報が見れるなら、と思ったのですが、なかなか全ての希望を叶える物は見つかりませんね。

 

まとめ

今回は登山時のカラー地図表示機能があり、現在使用中の登山アプリ『YAMAP』と連動できるカシオのプロトレックが最有力です。
試着した感じでは、腕時計としてはサイズが大きめに感じましたが、その分画面が見やすい!というのが良かったなと。

プロトレックに絞っても、最新モデルのF30にするか、ひとつ前のF20にするか悩みます!
ただ、値段が1万円も違うので、多少の機能ならば安い方を選ぶべきなのか、たった1万円だと思って高機能をえらぶべきなのか。。。(; >ω<)!!!

あわせて読みたい