秋冬のマラソンウエア何を着る?!~小物編~

こんにちは(*´ω`)
暑い夏が完全に終わりましたね。これからは寒い寒い冬が到来します。
マラソン、走るのきつい季節ですね。少しでも快適に行きましょう!

秋冬のマラソンウエア 何を着る?

寒くなってくると厚着したくなりますね。普段着はもちろん厚着した方がいいです。せっかくの熱を外に放出してしまってはもったいない!自家発熱は大切なんです!

けれど、マラソン中の厚着はとても走りにくいです。
一番困るのは、走り初めと走り途中~最後の体温差!
走り初めはまだ体が温まっていないので寒いです。厚着はこの時ほどしていたくなります。けれど走っている内に体は温まります。中盤~最後の方は厚着がデメリットになるくらいに温かいです。
厚着したインナーは汗でぐっしゃぐしゃ。
上着で着ていったウエアまで汗でじっとり重い。
背中周りの湿気が逃げなくて、パフォーマンス低下。

こんな事にならないように!こんな時に何を着たらいいの?という疑問にお答えします!
私が実際にやってよかったマラソンウエアです。

秋冬のマラソンウエア どう着る?

  • 肌の露出を抑える
    まず肌の露出は抑えましょう。「どうせ汗をかくし」と思って薄着で走ったりすると、汗冷えを起こして風邪引きますよ。

 

  • 重ね着が楽ちん
    寒い時は基本的に重ね着がオススメです。薄い物1枚では寒いですが、薄手も2枚合わせるとそれほど寒くありません。更に最近は低価格で高性能なアンダーウエアが販売されているので、それをインナーとして着ているだけで十分な保温効果があります。

 

  • 密度の高い生地
    性能を詳しく見るのが面倒な方は、生地の質感だけでも変えてみるといいですよ。
    夏はメッシュ地になっている湿気を通しやすいものが多いです。さらに速乾性ですね。
    冬はもう少し密度の高い生地が多いです。それでも透湿性・速乾性は失われないものなら尚良しです。

カテゴリ別商品紹介

次はカテゴリ別の商品をご紹介します。
どこを冷気から守ったらいいか、知っていると走り初めがグンと楽になります。

帽子

各先端やウエアの隙間を守る最強の三銃士です。
走っている時には気が付くのですが、購入する段階に立つと「別にいいか。我慢できるし」と考えがちです。私もそうやって何回か辛いマラソンに出たことがありました。
しかし、寒さが高まってくると痛くなるんですよね。痛いのはつらいです。つらいとせっかくのマラソンが楽しめません。

帽子はニット帽ではなく、マラソン用のメッシュ地帽子で十分に保温性があります。被ると被らないだけの差ですが、それだけでも十分な違いを発揮します。
首の後ろも日焼け防止、日差し遮断したい人には帽子の後頭部からメッシュ地の記事が首の後ろを守ってくれるタイプが販売されています。強い日差しの時は、この生地があるだけでだいぶ緩和されます。

キャップ asics[アシックス]【XXC189:Running Print Cap】ランニング帽子 ランナーキャップ
価格:1404円(税込、送料別) (2018/10/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

マラソングローブ

指先は握り絞めているので気にしていませんでした。
けれどかなり違う!ということに夫のグローブを借りて気が付きました。

マラソン用のグローブは帽子と同じようにメッシュ地になっている薄手のものが主流です。保温性能を高めるよりも、吸湿・速乾・透湿性が高い物がいいです。
なぜなら、マラソンしていると必ず熱くなってくるから。
それゆえに軽量でコンパクトな商品が大活躍!熱くなってきたら外してポケットにinするだけです。

少々お値段が高いものになると、グローブをしたままスマホが扱えるタイプがあります。
マラソン中はほとんどの人がマラソンアプリを使用していると思います。やはり途中でいじることは多いでしょう。
そんな時にグローブをいちいち着脱しているのは本当に面倒です。そんなタイムロス、そしてイライラを抱えるくらいなら、少しお値段高めでもグローブ1枚くらい持っていてもいいじゃないか、と思います。

【アシックス asics(XTG226)レーシンググローブ】【ランニング手袋】【ネコポス対応】
価格:1641円(税込、送料別) (2018/10/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

ネックウォーマー

首回りは大きな動脈があって、熱中症の場合はここを冷やすことが良いとされていますよね。それと同じで、寒い時に温めるといい部位でもあります。
首回りはどんなに良いウエアを着ても、どうしてもウエア同士の隙間が出てしまいます。隙間から入ってくる防御しようのない冷風が寒いのなんの。
なので、ネックウォーマーで走り始めの寒い時間を温かく過ごしましょう。

値段はピンキリです。その分性能や生地に違いが大きいものです。ネックウォーマーは雪深い極寒の地でなければ、走り初めしか必要としません。寒がりさんは別ですね。
ここでも軽量・コンパクトが一番です。体が温まったらポケットに入れてしまえるタイプがいいですね。

安いものではフリース素材の1,000円以下のもの。高いものでは口周りまで守ってくれる立体裁断のハイクオリティなものまで様々です。
ただ、口元付近にある為にネックウォーマーは呼気から強い湿気を受けます。そのせいでネックウォーマーが結露したような状態になることはしばしばあります。それを考慮して自分に合った商品を選ぶことが大切ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
秋冬にオススメしたいマラソンウエア!皆さんのマラソンライフの役に立つといいな~と思っています。
次回はボディ部分をご紹介しますね!お楽しみに(*´ω`)

あわせて読みたい