多趣味おもちゃ箱 > 登山 > 念願のジェットボイルMiniMo!購入レビュー!サイズ感、使い勝手は?

念願のジェットボイルMiniMo!購入レビュー!サイズ感、使い勝手は?

登山に行くと、山ご飯が楽しみでなりません(*´ω`)
しかし、山の上は気温も低く、気圧も低く、平地と同じガスバーナーの威力ではお湯を沸かすだけでも時間がかかります。

となれば!ジェットボイルの火力が必然的に欲しくなりますね(`・ω・)!

目次

 

ジェットボイル=高火力の山用バーナー

ジェットボイルとは、少ない燃料で効率よく高い火力を維持できるガスバーナーです。
通常のガスバーナーとは違い、その火力は桁違い!気圧・気温が低く、風の強い山頂などでも火力が落ちない優れものです。

基本的には縦長の形状をしているジェットボイル。平地のキャンプでよく使用されるガスバーナーなどと違い、付属品が少ないのが特徴です。
最大の特徴はスタッキング!
縦長カップ状のクッカーの中にガス缶を含めた全てのパーツが収納されます!無理やり入れたのではなく、元の構造からこうなるように造られているなんて、凄いと思いませんか(`・ω・)?

 

付属のゴトクで他の調理器具も使える

基本的には、専用のクッカーしか取り付けることはできません。しかし、付属のゴトクを付けることで、専用クッカー以外の調理器具を使うことができるようになります(*´ω`)

火力もあって、調理器具も選べるとなれば!これは一台数役の良品と言えるのではないでしょうか。

 

ジェットボイルの弱点1:火力調整

そんなジェットボイル。唯一のデメリットは火力調整ができない点です。
『火をつける→全力燃焼!弱火、中火なんてナシ!』
(; ´ω`)さすがにこれだと調理には向きません。

もともとジェットボイルは山で使うことを想定しているので、寒冷地でも高火力を実現する為に造られた製品です。
山の上で細やかな調理なんてしている人はほとんどいません。簡単な煮炊きで、短時間で高カロリーを摂取するような食事のみ!

つまり、ジェットボイルには火力調整機能なんて最初は求められていませんでした。

 

ジェットボイルの弱点2:布製の取っ手

縦の長さがあるジェットボイルの専用クッカーですが、取っ手がなぜか布製なんです。
収納時には確かに邪魔になりにくいですが、このサイズのクッカーを持つ取っ手としては、若干持ちにくい。。。
縦の長さと重さがある分、どうしても安定して持つことができにくい形になっています。

おそらく収納面での性能を重視した結果なのではないかと推測。。。でも持ちにくいなぁと思う気持ちが止まりません( ´・ω・)

 

ジェットボイルMiniMoの性能

ジェットボイルMiniMo

夫(*´ω`)「セールやってる!ジェットボイルMiniMoが20%で買える!」
私(*´ω`)「良かったね!買いに行こう!」
夫の念願だったジェットボイルMiniMoを購入する為、少々遠くのお店まで行きました。その結果、合計30%OFFで入手(*´ω`)!

 

火力調整機能がある!

ジェットボイルMiniMo組み立て

山の上や寒冷地などの厳しい環境でも高火力を維持できるジェットボイル。火力調整のなかったジェットボイルに、火力調整機能が付きました(*´ω`)!

それが『ジェットボイルMiniMo』です。
クッカーの口を広くし、縦の長さを4.5cm短く設計。
高い火力はそのままに、火力調整機能が追加。
これで強火以外の選択肢が増えました(*´ω`)

写真だとちょうど本体の裏側にちらりと見えている銀色のバルブを回すことで、火力を調整することができます。強火~とろ火まで調節可能です。

 

取っ手がステンレス製!

以前のジェットボイルでは布製だった取っ手がステンレス製に!これで安定してクッカーを持つことができるようになりました。

 

MiniMoになってもオールインワン収納!

ジェットボイル収納時

クッカーのサイズがコンパクトになっても、やっぱりクッカー内に全ての付属品が収納できるメリットはそのまま!

 

ジェットボイルMiniMoで湯沸かしタイムアタック

購入したからには、早速使ってみたくなりますね(*´ω`)まずは、その火力テストにお湯を沸かしてみることにしました。
通常のガスバーナーであれば平地で4~5分。山の上などの厳しい環境だと10~15分という場合もあります。

では、湯沸かしスタート!
夫(`・ω・)「火力が凄いね!」
私(; ´ω`)「お、音が大きいのがちょっと怖いね」

ジェットボイル着火

夫(*´ω`)「あ、お湯沸いた!」
タイマーを見ると、『1:25.22』でした。つまり、1分25秒でお湯沸いちゃった(; ゚ ロ゚)早ーい!!

ジェットボイルお湯が沸くまでの時間

火を付けるとシュゴー!と割と大きめな音がするので、お湯が沸いたかどうか音で判断しにくいです。蓋が半透明なので、よくクッカーの中身を見ておいた方がよさそうですね。

けれど、凄かった。。。たった1分25秒でお湯が沸くなんて。。。

運が良いことに、翌日は神奈川県の丹沢山系にある鍋割山に登山予定でした。ジェットボイルのフィールドテストやってきます(`・ω・)!

あわせて読みたい