多趣味おもちゃ箱 > 登山 > ソロ用クッカーの色々!収納に便利なクッカーオススメ4選!

ソロ用クッカーの色々!収納に便利なクッカーオススメ4選!

目次

クッカーとは
素材の種類
ブランド別オススメのクッカー

 

 

クッカーとは

バーベキューの写真

キャンプや登山などアウトドアで調理をする際に使う調理器具のこと。コッヘルとも言います。
アウトドアで使うので、持ち運びの利便性やコンパクト性が高く、軽量で耐久性の高いアルミやチタンで作られているものが主です。

 

 

素材の種類

ハテナのイラスト

主な素材は3種類です。アルミ、チタン、ステンレス。それぞれの特徴をご紹介します。

 

 

アルミ

軽量で耐久性が高く熱伝導も良いのが特徴です。
熱が均一に伝わるので、部分的に焦げるなんてことが少ないです。
アルミは酸と塩に溶ける性質があるので、酢のものや塩分の強いの調理には向きません。

 

 

チタン

軽量で強度が高く、傷付きにくい素材です。
保温性に優れているので汁物を作る際にはオススメ。しかし熱の伝わり方が均一ではないので焦げ付かせやすい特性があります。

 

 

ステンレス

錆びにくく汚れにくいので扱いやすいです。
保温性が高いので煮込み料理に最適です。
他の素材に比べると重量があり、携行には不便を感じることも。

 

選ぶポイントからのイチオシはこちらです。

  • 熱伝導良し!
    アルミ

 

  • 頑丈!
    チタン
    ステンレス

 

  • 軽い!
    チタン

 

持って行くシチュエーションに応じてクッカーを変えるのが一般的です。夫は今のところメスティンひとつで頑張っていますが、そろそろ他のクッカーに興味も出てきているようです。何にするか決めかねているみたいですね。

 

 

ブランド別オススメのクッカー

ソロであれば、1つ2つのクッカーだけで調理完了できます。サイズもコンパクトの物を選べば、登山にもキャンプにも使えて便利!

 

 

コールマン

『ソロクッカーセット2000012957』
アルミ製のクッカー2種。
熱伝導が良く、手早い調理向けのソロ用です。
外側には傷保護のハードアノダイス。内側は拭き取るだけで汚れが落ちやすいノンスティック加工が施されています。
持ち手は熱くなりにくいシリコン被膜がついています。
深めのポットは内容量900ml。
浅めのカップは内容量400ml。
カップをひっくり返して蓋にすることも可能。収納時はそのようにして空洞に食材などを詰め込めば、場所を取りません。

 

 

スノーピーク

『トレック900』
アルミ製のクッカー2種。
軽量、熱伝導性、非磁性に優れています。
本体内側は耐摩耗性が高まるアルミアルマイト加工。
持ち手はステンレススチール。
本体から持ち手まで全て銀色のシンプルなデザインです。
深めのポットは内容量900ml。
浅めの蓋は内容量250ml。

 

 

ユニフレーム

『山クッカー角型3』
角型3は大きさが絶妙に異なるクッカー3種。
大きいものの中に小さいものを重ねていれると、一番大きいクッカーに全てが収まる仕様です。
角型なのでザック等の荷物の中で不安定に転がることがなく、安定した収納力をみせてくれます。
角があるのでお湯を注ぎやすく、なんとインスタントラーメンがぴったり入るサイズ!
深めの鍋は内容量1,000ml
中鍋は内容量600ml
浅いフライパンは深さ3.4cm

 

 

イワタニブリムス

『ライテックトレックケルト&パン』
深鍋とフライパンのクッカー2種。
外側には傷保護のハードアノダイス。内側は拭き取るだけで汚れが落ちやすいノンスティック加工が施されています。底面には滑り止め加工も。
深鍋の内容量は1,000ml。
フライパンの深さは3cm。

 

エバニュー

『チタンクッカー1人用セットRED』
深めとカップサイズのクッカー2種。
チタンの特殊薄板を使用し、約20%の軽量化に成功した商品。
ライト&ファストを志向する人向けです。
クッカー収納時、中の空洞にガス缶がすっぽり収まります。
深めの鍋は内容量750ml。
カップは内容量400ml。

あわせて読みたい