まだ漬ける果実があったのか?!

こんにちは(*´ω`)
梅雨が始まりましたね。
雨降りって好きではありません。洗濯が乾かない。。。

まだ漬けるの?!

夫の目が輝いています。こんな時は、だいたい私が驚くような事を言い出すのです。
夫(*´ω`)「山桃って知ってる?」
私(・ω・`)「いや、知らない」
夫(*´ω`)「果実酒にすると美味しいんだって」
私(・ω・`)「へぇ~。。。」
夫(*´ω`)「会社の人と共同購入してきた」
私(・ω・`)最早止まらぬ。。。

ただいま家にある果実酒は4リットル瓶が2つ。梅と杏です。まだ漬けて1ヶ月も経っていません。飲み頃にはまだまだ遠いです。
そんな中、夫は更なる果実を手に入れてきました。それが「山桃」です。

表面が小さな粒々になっている赤色の実です。大きさは2~3センチくらい。甘酸っぱい味わいのようです。ジャムやシロップ漬け、もちろんお酒に漬けて果実酒にしても美味しいようです。

美味しい物があるのはいい。
しかし、量が多すぎやしないかね?(`・ω・)
購入した冷凍山桃は1.5キロ。さすがに消費できる量じゃないと思います。

山桃をお酒に漬けたい。あと「これ」も。。。

その日、ちょうど私の実家からさくらんぼが届きました。毎年送ってきてくれるのですが、今年はちょうど夫の果実酒造り趣味が最盛期。ちょうど良いタイミングで手に入ったさくらんぼも漬けたいと言い出しました。
夫(・ω・`)「絶対美味しいよ?全部とは言わないから、ほんの少しだけ。1/4だけ漬けたい!」
私(`・ω・)「もったいないからダメ!ただでさえ梅、杏、山桃と果実酒にして4リットル瓶×3本プラス2リットル瓶1本になりそうなのに!さくらんぼまで漬けても飲めないし、漬けた実も食べきれないでしょ!」
共同購入の山桃は1.5キロ程あり、4リットル瓶1本では足りません。なので4リットル瓶1本、プラス2リットル瓶1本で造る予定です。
夫(・ω・`)「ダメ?。。。造りたい。。。美味しいよ?。。。せっかくだし。。。」
私(;´□`)「だ、ダメ!」ほだされるところでした。

その後、夫家族にも世間話として話したら、「造り過ぎ」と言われてしょぼくれた夫。
それを見ていてほだされた私。。。
私(;´□`)「さくらんぼ酒、造っていいよ。。。」
夫(*´ω`)「やったー!ありがとう!」
私(;´□`)ほだされた!

その日は瓶がなかったので果実酒造りはまた明日にしました。
留まるところを知らない夫の趣味ですが、やり過ぎだけは止めたい!止めたいんだけど。。。(;´□`)止められない!誰か止め方教えてください!

あわせて読みたい