多趣味おもちゃ箱 > 登山 > モンベルのステラリッジテント2型が再販していた!早速購入してみる!

モンベルのステラリッジテント2型が再販していた!早速購入してみる!

テンションが上がりました(`・ω・)!ものすごく驚きました(`・ω・)!
まさか、モベルチェンジの為に再販がいつになるかわからないと言われていたモンベルのステラリッジテントが販売再開しているなんて!!

目次

 

ステラリッジテント2型が再販していた

これを運命と人は言うのではないでしょうか。
涸沢カールの為のお泊りテントを探していた私たち夫婦ですが、候補のステラリッジテント2型は公式ホームページも店舗もモデルチェンジの為、在庫切れ。いつ再販されるかは未定でした。
それが!先日ふと検索してみようと何気なく思ったんです。
私( ´・ω・)そういえばテントどうなったかな~
ぽちぽち。
モンベル公式ホームページ【ステラリッジテント2型 在庫あり
私(; ゚ ロ゚)!!!「お、夫に連絡しなければ!」

『在庫あり』を見つけた時は感動よりも先に驚きでした。
在庫あって本当に嬉しいです(*´ω`)!早速、夫に伝えて購入しました!
今はテントが届くのをワクワクしながら待っています!

 

ステラリッジテントの魅力

テントの写真

モンベルのステラリッジテントと言えば、登山用のテントとして有名です。初心者から本格的な登山家までをも魅了してやまないステラリッジテントには、それだけの魅力があります!

 

軽量・オールシーズン対応テント

ステラリッジテントはオールシーズン対応型のテントです。夏でも冬でも対応できる仕様になっています。
それは、わずか10デニールという薄手のポリエステルを本体に、ナイロン生地をフライシートに使ったダブルウォールだから!ここが今回モデルチェンジで新開発された部分です。

ダブルウォールとは、テント本体の上にフライシートという別売りのシートを被せて使うテントのことです。テント本体とフライシートの間の空気が暑さや寒さがテント内に入り込むことを防いでくれます。
また、テント内の結露防止にも役立ってくれる強い味方です。

重量はテント本体だけで1.23kg。ペグやポールを含めても1.43kgしかありません!けれどこのサイズで、大人2人が入れる大きさなんです!

収納時のサイズは、幅14.5cmに高さ30cm。
ポールはこれよりも少し大きくて幅5cmに高さ41cmです。テント本体を収納している袋にポールを袋ごと収納もできますが、高さが合わないので飛び出してしまうのは仕方ありません。
それでもこのサイズ感、軽量は凄いです!
軽いのに広さがある!こんな登山用テント最高じゃないですか( ゚ ロ゚)!

 

耐風性の高さ

山に登ると、ふと気が付きますよね。街中よりも恐ろしいほどに風が強いです。午後になると途端に強風が吹き荒れてきますし、穏やかな午前中でも風が無いことなんてほとんどありません。
そんな山の中にテントを張るのですから、もちろん耐風性はかなり重要なポイントです。

モンベルでは耐風実験で、風速25m/秒という人間が立っていることのできない強風時でも、テントが壊れないか実証済みです。
もちろん多少テントは歪むほどの強風ですが、テントが飛ばされたり、壊れるよりもよっぽどマシですよね。

 

設営しやすい吊り下げ式

もうひとつのモデルチェンジはスリーブ式から吊り下げ式への変化です。
吊り下げ式テントは一般的に強風には弱いとされていますが、モンベルは独自の構造によって、上記のとおりに耐風性を高めたテントをつくり上げました。

そして、その上設営しやすい吊り下げ式です。
いち早く休憩場所を確保したい時には、テント設営は厳しいです。簡単に設営できる吊り下げ式なら、あっという間の手間で済みます。

 

純正オプションが多数展開

実は割と嬉しいことです。
純正のオプションは形にぴったりはまるだけではなく、商品同士の相性が良いので長持ちしやすくなります。
このステラリッジテントには、フライシート、スノーシート(積雪時のフライシート)、グランドシート、オプショナルロフトなど、たくさんの純正オプションがあります。もちろん全てが別売りです。
それでも、選べる自由があるっていいですね(*´ω`)

 

期待大のお泊り登山!

涸沢カール夏

やはり最初のお泊り登山は、涸沢カールでしょう。2019年の今夏!行ってきたいと思っています(`・ω・)!
行き当たりばったりで使用するのは怖いので、庭テントから慣れていくつもりです。どんな不具合を感じるか、わかりませんからね。

ひとつ心配があります。
それは、このステラリッジテント2型。超人気の為に同じ商品を持っている人大多数なのです。
涸沢カールの写真を見ると、モンベルの名前が書かれたテントがたくさんありますね。私たち夫婦もこの中に混じる予定ですが、自分たちのテントがどこだかわからなくなりそうで怖いです( ´・ω・)
ネームを入れるオプションもあると後から知りました。もう発注済みなので手遅れなのが悔やまれます。
自分でネームを入れるほどの器用さはないので、どうにかして差別化を図りたいところです。

 

その他の山用テント

ステラリッジテントは私たち夫婦の理想の山用テントですが、他にも山用を謳うテントはたくさんあります。
どのテントにも魅力があり、何を重視するかによって選ぶべきものは変わってきそうですね。

 

アライテント エアライズ2

3シーズン対応の山用テント。様々なオプションを組み合わせることで、あらゆる状況下の4シーズン対応テントに早変わりです。
専用のウインターカバーは、冬の冷たい空気と風からテント内を守ります。結露も従来製品に比べて減少。

 

エスパース デュオアルティメイト

テント本体は極薄素材を使いつつ、外側を守るレインフライとグランドシートにはPU防水加工、シリコン撥水加工を施し、耐水性を向上。

 

GROOVY 登山・ツーリング用テント

左右に前室があり、テント内部には収納ポケットも充実。オールシーズン対応のテントです。
総重量3kgと若干重さがあるので、本格登山用と言うよりも低山などの気軽に行ける山用とするのが良さそうですね。

あわせて読みたい