多趣味おもちゃ箱 > 未分類 > 手作りハンバーグ2

手作りハンバーグ2

こんにちは(*´ω`)
台風接近に伴う天候不良の為、富士山を断念しました。
しかし夫は別の山へ行くつもりです。

夫、山に登りたい

富士登山を断念した日の夜、夫が言いました。
夫(・ω・`)「明日の休みは塔ノ岳に行って来ようかな」
私(; ゚ ロ゚)なんと?!
夫(・ω・`)「せっかくの休みだし」
夫の休みへの執念が恐ろしいです(;´ω`)

楽しみだった富士登山がダメになってしまったのは残念なのですが、夫の中ではそれでも山には行きたい様子です。『休みをゆっくり過ごす』という選択肢は夫の中にはないのでしょうかね。
そもそも雨振っているのだけれど。。。登山なんて大丈夫なのでしょうか(;´□`)?

翌朝 午前4:00頃。サクサクと起き出した夫は富士山用に準備した荷物を1人分に詰め替えて、足早に塔ノ岳へと出発しました。
それを寝ぼけながら聞いていた私(;´□`)気を付けてね!って言いそびれた!

しかし、8:00頃になって現地に着いたはいいものの、やはり現地の山も雨だった夫。雨具は一応持っていますが、まだ山専用装備の雨具ではありません。思いのほか気温は下がった雨の登山は危険と判断し、そのまま登らずに帰ってきました(・ω・`)残念

気分転換!手作りハンバーグ!

前述のお話とは全く関係ありませんね(*´ω`)
今日は私の本格手料理です!慣れたレシピならば作りますが、あまり作り慣れていないレシピは手を出しません。相当の覚悟か興味が湧かないと。。。この気持ちわかります?

この日は少しやる気になったので、ハンバーグを作りました。
2人分のハンバーグの材料はこちら~

  • 合挽肉 300g
  • パン粉 1/4カップ
  • 卵黄 1個
  • ニンニク 少量
  • ショウガ 少量
  • 塩、こしょう 少量
  • タマネギ 1/2個
  • ニンジン 1本

さぁ!Let’sクッキング(*´ω`)

  1. まずはタマネギとニンジンをみじん切りにします。みじん切りって細かくて面倒です。縦に切って横に切ってって。簡単にできるスライサーが欲しくなりますね。こんな時だけ(・ω・`)
  2. 切った野菜を炒めます。ここでしっかりと炒めておかないと、肉ダネにして焼いた時にカリリと食感のある野菜たちが顔をのぞかせます。。。昔やりました。。。
  3. 野菜を炒め終えたら粗熱を取ります。
  4. 合挽肉とその他の材料全てを合わせてよく混ぜます。よく『耳たぶくらいの硬さまで』なんて聞きますが、『耳たぶの硬さ』は解りますが、それが肉ダネとなると。。。やはりよく解りませんでした。
  5. 肉を成形します。2人分なので、簡単に2等分します。ひとつを手に取り、キャッチボールをする容量で中の空気を抜きます。
    あらかた空気が抜けたら、小判型に成形します。
    300gって少ないと思っていたのですけれど、作ってみると手のひらサイズになりました。お腹いっぱいになれそうです(*´ω`)
  6. フライパンに油をひいて熱します。十分に熱されたら成形した肉ダネを優しく投入します。
    強火で片面がほどよく色付くまで待ちます。
    片面が色づいたら、裏返して弱火にして蓋を閉じ、7分焼きます。
    ここで我が家のポイント!IHクッキングヒーターを使用している我が家では、レシピ通りの火加減では火力が弱いことが多いです。なので時間を多く取るか、火力を強めます。
    今回は弱火のままで時間を10分と多く取りました。
  7. ハンバーグに竹串、もしくは爪楊枝を指して透明な肉汁が出たら、中まで火が通っている証拠です。お皿に盛って完成です。

完成ハンバーグ


見た目は100点のハンバーグが出来上がりました(*´ω`)

中を割って食べてみましょう!となった時。。。やはり残念な瞬間が訪れました。
夫(・ω・`)「残念。まだ中が生だね」
私(; ゚ ロ゚)「えー!?なんで?!しっかり焼いたはずなのに!」
夫(`・ω・)「なんでって言わない!レンジで温めれば大丈夫だよ」
私(;´□`)「ごめーん!」

ハンバーグ作ると大体、中は生です。。。時間も火加減も気にしているのに、どうしてなんでしょうか(・ω・`)?こうして失敗を繰り返すことで、料理への自信なんて欠片もなくなりました。

レンジで温め直して来たら、見た目通りに美味しく出来ていました(*´ω`)強いて言えば、味が薄いな~くらい。。。
(´;Д;`)なんなんだ!なぜなんだ!さすがに生肉は味見できないよ!

レシピを見てもこの完成形です。。。
料理が得意な方、私はどうしたら良いのでしょうか?

こんな仕上がりでも「美味しい」と言って食べてくれた夫。ありがとう(*´ω`)なぜダメなのか、しっかり原因追究しておきます!

あわせて読みたい